FC2ブログ
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

* category: フランス料理

3周年記念@むなかた 

2007.07.22
Sun
19:55

 昨年末はじめて行ってみてから、もう5回目でしょうか。うちから一番近い(かもしれない)フランス料理店・むなかたに行ってきました。
 
 たまーに前を通ると気にかかるお店でした。だって麦田のこんな場所(失礼。中国料理店など気楽なお店はおいしいところがいくつもあります)に、完全予約制でお昼だって3500円~のフレンチですよ。中は見えませんよ。でも、なんだか続いてるんだよ。というわけで昨年の秋あたりから
「横浜をもっと知ろう」
という気持ちになっていたわたしは、意を決して予約を入れてみたというわけです。そして気に入りました。

 さて、夜は二度目です。前回は横浜フランス月間を記念しての特別アラカルトメニュー(ふつうはコースのみ)を味わってみたかったので、つい一カ月ほど前。今回は三周年記念プティット・ディナーです。

 前菜は黄色いピーマンのムース蓴菜(じゅんさい)トッピング、ノルウェーサーモンのリエット。
オードブル


 続いてカツオ・ホタテ・ツブ貝のサラダ。ツブ貝の歯ごたえ絶妙で、甘みもおいしかった。
シーフードサラダ


 フォアグラに小エビと鶏肉のバランティーヌ乗せ。フォアグラ、それほど好きじゃないんですが、お勧め通りトッピングと一緒に口に入れるとおいしかった。とろけた。
フォアグラ


 本日の鮮魚のフリチュール。白ムツ・カワハギ・メバル・舌ビラメの4種、セロリのソース。それぞれの味わいや口当たりが楽しい。緑もとてもきれい。
四種の魚のフライ


 子ウシ肉のソテー、下はラタトゥイユ。野菜(とくに)おいしかった。
メイン


 デザートは桃のコンポート マスカルポーネのグラス添え(マスカルポーネおいしいねえ・・・・・・)。
デザート


 お酒はグラスシャンパン(いつもおまかせするが、Taittinger Brutが出てくるかな)、グラスで赤ワイン(Louis Jadotのブルゴーニュ・ルージュだったか)をいただきました。

しかしこの場所は厳しいよね。絶対フリのお客さんとかいないもん(完全予約制ということもあるけど)。シェフの宗像さんは霧笛楼のシェフを務めて独立した方なので、当時からのお客さんもいらっしゃるからあまりにも遠くへ行くよりはということだったのかとも思いますが。

 今回はしばらく話もできたのですが、元町でもフランス料理は厳しい、とのこと。やっぱり敷居が高い感じがしてなかなか若い人が入って来ないし、今の元町は観光客も多いので、継続して通ってくれるお客を得ることも難しいという話です。

 ぜひぜひがんばっていただきたいお店です。また行きます。 
スポンサーサイト



Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/6-24b86e43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード