09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: スペイン料理

ボゲデンノゲBodegon Nogueはおしゃれでありました(1123) 

2007.12.15
Sat
11:59

 古い話題ですみません。じつは一度記事を書いたのにうまく保存できませんでした(悲)。

 さて11月23日、仕事仲間3人とエル・ニョスキで夕食を予約してあったのですが、そのうち1人とはすこし早く待ちあわせ、彼女のいとこさんが経営する野毛のイタリアンバール・バジルに立ち寄ることにしました。で、その隣のボデゴンノゲにも偵察に! 両方とも一皿つまんだ程度でしたが、もちろん桜木町→板東橋まで歩いた程度で消化できるはずもなく、メインイベントではちょっと控えめごはんとなりました。

 ・イタリアンバール・バジル
 大通りをはさんだ向こうには野毛にぎわい座。こじんまりとしたお店です。スタンディングバーと聞いていたけど、カウンターのほかに壁際に沿ってテーブルもあります。明るい店内は夕方5時過ぎだというのにすでになかなかにぎやか(祝日だったからかも)。
 600円で前菜二種盛り合わせが注文できるので、ハチノスのトマトオーブン焼きと
ハチノス

ピリ辛いタコ
ピリ辛タコ

を注文しました。これはお得だよ!
 
 お店も混んできたのでさっさと切り上げ、ふたりで一皿にしておこうね~偵察だから、とボデゴンノゲ(Nogueというつづりはスペイン語風でよろしい)に移動。バジルと比べ、奥行きは同じだけど幅が倍くらいの雰囲気。こちらはテーブル満席だったし、なにしろさっさと飲んで去る立ち飲みスタイルでいくことに決めていたので、カウンターのはじっこに陣取りました。

 飲み物はふたりとも「白いサングリア」を。けっこう珍しい気がする。すくなくとも、わたしは初めて飲みました。それから、ふたりで一皿はキノコのオイル焼きにしました。
白サングリアとキノコ

 うーん、もうすこしパンチがあってもいいかも。

 そしてこのお店は非常におしゃれな感じで、BGMもスティービー・ワンダーの古い曲だったりしました。正直、もうすこし泥臭い感じかと思っていた(スペインバルだから)。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/60-b03dd7fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード