10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

* category: 旅行

東北に行ってきました。(1) 

2011.09.05
Mon
20:20

 8月26日から9月2日まで、宮城・岩手・青森の東北三県に行ってきました。前半はささやかですがボランティア関係で。後半は観光しました。

・8月26日(金)
 朝、新幹線で10時過ぎに仙台着。この日は観光と買い物です。
 仙台駅周辺には震災の名残はうかがえませんでしたが、ちょうどこの日から構内でパネル展「東日本大震災と道路」が行われていたので見てきました。

 ホテルに荷物を置き、翌日以降の交通機関を確認してからお昼に。駅にある「伊達の牛たん」の店で、ランチ限定の通・牛たん定食にしました。切り落としを使っているので値段もおさえ目だそうです。
110826tan1.jpg

110826tan2.jpg


 つけあわせのテールスープがおいしかった。満足。
 ちなみに仙台駅の新幹線改札横にある「牛タン通り」は11時くらいにはすでに行列アリでしたが、同じ駅ビルの二階下の「伊達の牛たん」は11時半くらいまでは席に余裕がありました。

 バスに乗り、仙台市博物館へ。企画展「館蔵名品百選-開館50年コレクションの粋-」が開催中でした。
 常設展示は先史時代からの仙台周辺の歴史にかかわるもの。もちろん、伊達藩関連の展示が重要な位置を占めます。
 企画展では今年ユネスコの「記憶遺産」に指定された慶長遣欧施設関連展示が充実していました。あとはやはり漆器かな。紀州から藩主に嫁いできた「かた姫」所用の女乗物がすばらしかった。内側には源氏物語の場面が描かれていました。

110826la.jpg

 そこからしばらく歩いて、宮城県美術館へ。
110826mus.jpg

 節電の関係でひっそりしていました。秋にやってくる「フェルメールからのラブレター」展をプロモーション中。前売り券を勧められましたが、旅行者であることをお話してご遠慮しました。
 こちらも収蔵品展でしたが、すばらしかった! 雨の合間で妙に蒸し暑く、寝不足でちょっとつらかったのですが、がんばって訪問してみてよかったです。

 昨年、平塚市美術館で見た長谷川りん次郎の「猫」(関連グッズは売り上げナンバー1でした)をはじめとする州之内コレクション。海外のものはカンディンスキー、クレー、シーレなど。特別展は所蔵品から「絵本原画名品展~記憶の底のたからもの~」展、併設の佐藤忠義記念館もゆっくりと時間をかけて(休み休み)みました。

 なかでも、小企画展で見た大沼かねよの作品に感銘を受けました。
 大沼かねよは1905年に宮城県で生れ、1939年に若くして亡くなった画家だそうです。寡聞にして知らず、だったので、この人の作品を知れただけでも行ってみてよかったと思います。なかでも、この直前まで東京芸大での「今、美術の力で-被災地美術館所蔵作品から-」に展示されていた1937年作「雪を踏む」が返却展示されていてラッキーでした。展示されていた枚数は少ないですが、初期のものからこの「雪を踏む」までが並べて展示されていたことにより、セザンヌやピカソ、マチスなどに学びながら独自の絵画言語を獲得していく流れがはっきりとわかりました。画像検索しても出てこないので、見ていただけないのが残念です。

 博物館のレストランは7月下旬にリニューアルオープンしたそうですが、県立美術館のレストラン・コーヒーショップは閉じたままでした。ゆっくりと常態に戻る途上なのでしょう。フェルメールからのラブレター展のころには再開するのではないかな。

 その後は買い物中心でした。アーケードつき商店街の一番町あたりでバスを降り、なんとか壱弐参(いろは)横町にたどりつきました。レトロな感じの商店街としてガイドブックに載っていたので、歩いてみたかったのでした。

110826iroha.jpg

 こちらでは仙台のお店から仕入れたクッキーや、カレルチャペックの紅茶を扱うお店・ミルクティーハウスですこし買い物。
 また、ふと通りかかったhome’sというカジュアルウェアのセレクトショップで、厚手の靴下・七分丈でちょっと厚手のTシャツ・麻混のシャツを買ってしまいました。全部その後の活動に対応してのつもりだったのですが、結局つかわなかったなあ。初秋には活躍してくれると思います。

 ちょうど前のお客さんが出ていかれたあとで、店員さんがにこやかにていねいに対応してくださいました。欲しいものの話などをしている間に震災の日のことにも話が及び、当日もお店で接客中だったこと、数日は自主的にお寺で避難生活をしたことなどをうかがいました。一緒に日々を過ごした友人同士でも、あたりまえですが被害の軽重やご家族・友人の消息によって精神状態が違い、お互いにきつかったという話など。

 ホテルへのチェックインをはさんで、
・いろは横町近くの本屋さん
・薬局・100均
・ユニクロ
・疲れたので夕御飯用のお弁当
を買い、早めに寝ました。

・8月27日(土)~30日(火)朝 
 気仙沼市でボランティア活動。
 仙台からはグループでバス移動でした。
 道中、運転手さんがすこしずつ震災の話をしてくださり、細い川を伝って噴出した津波被害が集落の一部にぽっかりと穴を開けているところを気付かせていただいたり、小学校の運動場に立てられた真新しい架設住宅の横を通ったり。
 とことんインドアなおばちゃんなので、はじめての寝袋体験などはちょっとこたえ、一週間のフル参加ではなく三晩にしておいて正解だったな。
110829ks.jpg
スポンサーサイト
Comment(6) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント

ボランティアで行かれていたんですね、
おつかれさまでした。

私はまだ現地には行っていません。
311のことを思い出すと、
まだ、発作的に震えてしまうことがあるので。。

ペチカ堂、かわいいな、好きな雰囲気のお店です。
【2011/09/06 20:27】URL | kayanori #- *編集*

kayanoriさん、こんにちは。

コメントありがとうございました。

あの日に岩手にいらして、ご帰宅にも苦労なさったのですから、
まだまだ気持ちやからだが揺れてしまうのは
あたりまえですよね。

仙台は歴史のある街で、
雰囲気がよかったりいいものを置いているお店もたくさんありそうです。
そのうちゆっくり歩いてみたいですね。
【2011/09/07 09:01】URL | かんべえ #z7XDr28E *編集*
おっ
ボランティアお疲れ様でした。

26日はワシも仙台にいたのでニアミスしてたかも?ですぬ(笑)

しかし、ワシも美術館だのお堂だのに行ってみたいものです。
【2011/09/07 11:26】URL | とも2 #- *編集*

とも2さん、こんばんは。
26日は仙台でしたか。

そして、八戸にもいらしたんですね。
わたしは今回は八戸は新幹線駅と八食センターだけでした。
おいしい海産物よりも地元Bグルを(珍しく)食べたりしてたので、
とも2さんの旅行記がまぶしいです。
【2011/09/07 23:43】URL | かんべえ #z7XDr28E *編集*
こんにちは。
震災ボランティア、お疲れ様でした。

長谷川りん次郎の「猫」を見られてよかったですね。
私も大沼かねよの作品は藝大の展覧会で初めて観ました。
独特の力強さのある絵だったのを覚えています。
【2011/09/08 06:36】URL | chariot(猫アリーナ) #/8nqih4Y *編集*

chariotさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
大沼かねよは数枚並んでいて、最初のほうはもっぱら灰色・黒だったのが、
進に連れいろいろな色を使い分けて&画面も洗練されていくのを
見るのが楽しかったなと思います。

「猫」はやっぱりいいですね。
りん次郎の静物も好きですが、ほかは展示されてなくてちょっと残念でした。
【2011/09/09 17:35】URL | かんべえ #z7XDr28E *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/606-bc2c8e76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード