04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

* category: 旅行

東北に行ってきました。(3) 

2011.09.11
Sun
19:28

 青森編です。
 20年来の友人のおかげで、青森には3~4年に一回は行っています。前回は陸奥半島に足をのばし、恐山にも行きました。今回は二泊と短いので、とにかく十和田市現代美術館に行くことをポイントにしました。

・つがる
 9月1日(木)にはちょっと早めに出て津軽へ。台風の影響で雨になるかと思いましたが、むしろときおりギラギラ天気、でした。

 お目当ては「斜陽館」。
 太宰治の生家が、旅館としての営業を経て現在は記念館になったものです。
110901sha1.jpg

110901sha2.jpg

 しかし「斜陽」って学生時代に読んだきりだけど(おかあさまのスウプの飲み方とか、ろくでなしの直司って弟がいたこと、主人公⇒恋人の呼びかけ「マイ・チェホフ」程度しか覚えてない)、斜陽になってたのは別の家族というか階級だよね。
⇒と思いつつ、青空文庫でざっと読みました。著作権切れなので、ウェブで読めます。
 記念館の名称としてはちょっとどうかと思ったら、もともと昭和25年に開業した旅館の名前が「斜陽館」なのでした。時は過ぎ、旅館は平成8年に金木町に買い取られ、10年には記念館としてオープンしたということです。

 110901sha3.jpg
 靴を脱ぎ、さあ見学です。

110901sha6.jpg

 110901sha4.jpg
 庭も凝っていました。これは廊下からすぐのところに置いてあった演出ね。

110901sha5.jpg
 斜陽館は、太宰の父である大地主・津島家6代の源右衛門が当時経営中の金融業店舗を兼ねた住宅として建てたもの。太宰はこの家で生れました。金融業店舗部分から二階へと続く大きな階段です。

 一階の居住スペースは和風でしたが、二階には洋間も。
 印象深かったのは・・・・・・
110901sha7.jpg
 石の輪、ですか?
110901sha8.jpg
 アップ。

 この斜陽館のお向かいに土産店・レストランの入った「マディーニー」というスペースがありました。ご当地ものも太宰だよ、「生れてきて墨ません」という名前の箱を買いました。
 また、このすぐ側に津軽三味線会館もあるそうです。演奏時間とうまく折り合いがつかず、今回は入場を見合せ室した。

 斜陽館と同じNPO法人が経営する「駅舎」というカフェがレトロな感じでいいらしい。というので行ってみました。ごはん記事に載せますね。

 日本最北を走る私鉄・津軽鉄道にちょっと乗ったりしてから、帰り際に五所川原へ。
 立佞武多(たちねぷた)の館に行きました。
 大きい! けんめいに見上げても一番上までは見えません。高さ22メートル、建物の7階くらいあるそうです。
20110901go2.jpg
 展示されていた写真を撮ったもの。周囲の建物の大きさと比較してみてください。

 ひとつ作ると三年間使うということで、現役の三基が展示されていました。
20110901go6.jpg
 わざと重ねて写してみました。

20110901go1.jpg
 わたしが一番気に入ったのは、マタギをモデルにした立ちねぷた。
 熊を仕留めて帰る途中、兎を踏みそうになって立ち止まってるところ、らしいです。
20110901go4.jpg
 土台の部分には森の動物たちもあしらってあったりして、芸が細かい。

 今年の立ちねぷたには、「がんばろう東北!!」が。
20110901go7.jpg

20110901go3.jpg
 調べてみると、かつてはガンダムとかマリオの立ちねぷたも作られたそうです。
 この大きさ、そして製作所も兼ねている「館」は、祭りのときが来ると立ちねぷたがそのまますっと出陣できるようになっているなどと聞き、ご当地戦隊ものとかありそう! と思ったりして。
   
スポンサーサイト
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
おっ!
金木まで行かれたのですね。
かんべえサンがあの制服を着て、小脇に「斜陽」を挟んで山手本通りを外人墓地方面に歩く姿を想像してしまいました。

駅舎のゴハン記事も楽しみにしていますね♪
【2011/09/11 21:06】URL | とも2 #- *編集*

とも2さん、こんにちは。

具体的! なビジョンをありがとうございました。
太宰は中学生くらいのときにひととおり読んであとはあまり手に取ってなかったですが、
久しぶりに読んだら
「けっこうキリスト教への言及多いな」
とか、
「展開早い」
など、おもしろかったです。

ごはんは、今回はすこしずつご当地ものを・・・と思ってお店を選びました。
もちろん、とも2さんには及びもつきませんが(笑)。
【2011/09/12 19:07】URL | かんべえ #UqHsDmbQ *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/608-40298e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード