FC2ブログ
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: ねこ

トリエンナーレ・黄金町バザール・新港村を半猫人的に振り返る(3) 

2011.12.11
Sun
17:33

 もう12月6日。ということは、トリエンナーレが終わって一カ月にもなるんですね。そして師走。

と書いた程度ですばらく止まってました。忙しいのと、風邪がいつまでも治らないのでありました。熱があるわけではないのに、咳&のどのいがらっぽさが抜けずに不調が続き、そして次の日曜日になってしまいました。これでだいたい治ったかなあという感じです。

 というわけで、気を取り直して。

 最後は新・港村です。新港ピアがちょっと遠いのと、会場時間が遅めなせいであやうく行かずに終わってしまいそうでしたが、行ってみると猫ざくざくでありました。

2011shinko1.jpg

2011shinko2.jpg

 奥に長い長方形の建物は、A~D四つのスペースに大きく分けられていました。
 Aには受付やショップ。入って左側から木でできた楽器のぽくぽく、さやさやいう音が聞こえてきました。「竹林」は、BankART NYKに長期滞在中の松本秋則による手作りの動力や楽器が置かれています。 

 続くB各地&各国のクリエイター集団を紹介する展示でした。
 新・港村の内容発表のころには、
「え? スペインからも来るの? そしてあそこで電力ほぼ自給自足して暮らすの? 寝泊まりはどうするの?」
と飛びついたりもしましたが、実際にはパネル&書籍展示ぐらいが多かった……。
 とはいえ、実際にお店を開いたり、しばらく駐在していたアーティストもいたようであります。

 狭い通路を抜けて右折、ちいさな切り口からCに入ると、それまでが嘘みたいな大きな空間がひろがっていました。
2011shinkobis.jpg
 壁画、インスタレーション、彫刻など、いろんな手法で作られた動物たち。

2011shinko4.jpg
 振り返ってみると、巨大な猫の顔も!
 2011shinko5.jpg
 マズルのあたりをアップ。これはフェルト廃材とか?
2011shinko6.jpg
 ちょっくら折れ耳。
 どうもこの猫、暗くなると目が光る……?

 港に開けた最後のフロアDには、カフェやブックショップも置かれています。
 白い壁が迷路みたいに立ってて、その先に写真が展示されている一角がありました。
2011shinko3.jpg
 その奥にいた猫。わざど残像のように。

 ちょっと休んでから、また来た道を戻っていきます。
 Bは入り組んでるのでさっきは見なかったところにも。
2011shinko8.jpg
 これは8月末にやってきた「だがね図書館」内側からの眺め。
 ネズミーの形の窓(?)から、撥ね猫の写真が見えるのだよ。

2011shinko7.jpg
 おなじ図書館から別の方角を見ると、こんな別嬪猫さんが(オスでも「別嬪」と言っておくよ)。どっきりです。

 黄金町やこの新・港村には、アーティストの手にはよらない猫がたくさんいました。
 それだけ、猫の「かたち」がすぐれているんだよきっと……! と思う秋でありました。
スポンサーサイト



Comment(4) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント

こんにちは
素晴らしい!。。。後でゆっくり感想書きます

猫番組見つけましたよ!↓
BS日テレ - 僕がネコに嫌われる理由
http://www.bs4.jp/boku-neko/onair/index.html
【2011/12/12 20:36】URL | suzielily #4ph23zis *編集*

suzielilyさん、こんにちは。

教えてくださってありがとうございます。
猫はいいですねえ…どの子ももれなくかわいいです。
いろんな意味で絶妙です。
【2011/12/16 19:13】URL | かんべえ #Z2xPojP6 *編集*

suzielily です、ツイッターフォロー有難うございます。
大仏次郎記事をトラバさせて頂きました、有難うございます。事後承諾で申し訳ありません。
【2011/12/20 22:58】URL | suzielily #4ph23zis *編集*

ツイットピックにも入れています

大佛次郎「牢獄の猫」より 「ふと、昨日、読んだ本に昔の江戸の牢屋で、女牢の牢名主、それこそ鬼神のお松と言ったように知られた... on Twitpic
http://twitpic.com/6gh29i
【2011/12/20 23:00】URL | suzielily #4ph23zis *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/623-10bc7fbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード