08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

* thread: 旅日記  * genre: 旅行

* category: マンホールなど

下も向いて歩こう@サンフランシスコ他・2 

2012.04.22
Sun
21:21

 マンホールに限らず、足元にいろいろあるのが楽しかったベイエリア地区。並べてみました。まずサンフランシスコです。

・Barbary Coast Trail
201202scenec1.jpg
 帰宅してたら調べてみたら、オーディオガイドツアーがあるとのことでした。このルートにしたがって歩くと、ゴールドラッシュの時代から20世紀初頭の大地震などサンフランシスコの歴史が俯瞰できるよ、とのこと。
 パウエル駅(ケーブルカーの始発&終着点のひとつ)やオールド・セント・メアリー教会のあたりで見たな。

・続いて、The Bay Trail
 こちらは、500マイルにおよぶサンフランシスコの海岸線をつないでいるそうです。わたしが見かけたのは、アルカトラズ島行きフェリーが発着するピア33~レストランや店が並ぶピア39の間だったかな。

20120228sf3.jpg

20120228sf5.jpg


20120228sf4.jpg

 お互い、こんなに近くにあるのだよ。
20120228sf6.jpg

・海岸の道を走る路面電車の停留所。フェリー・ビルディング前の風景です。ここからピア33行きの路面電車に乗りました。
201202sftr1.jpg

 けっこう待ち時間があったから横に歩いてみたら、またプレートが。詩の一節のようです。

201202sftr2.jpg

20120228sf1.jpg

20120228sf2.jpg
 
I arrange the mints alphabetically: ♥ All mine, ♥ Ask me, ♥ Be mine, ♥ Be true, ♥ Call me, ♥ Dear, ♥ For keeps, ♥ For you, ♥ Go away, ♥ Heart of my heart, ♥ Hug, ♥ I do, ♥ I hope, ♥ I'll tell, ♥ I'll wait, ♥ I will, ♥ It's love, ♥ Kiss, ♥ Kiss me, ♥ Love, ♥ Love me, ♥ Love you, ♥ Miss me, ♥ My girl, ♥ My love, ♥ My star, ♥ No way, ♥ On fire, ♥ Smile, ♥ Stay, ♥ Sure love, ♥ Why not, ♥ Yes.
と書いてあります。かわいいね。

 プレートとして美しいだけでなく、けっこう文学的なのもこのあたりの特徴かな?

 代表的なのはやはりこのあたり。
201202kerouac1.jpg
 サンフランシスコは20世紀中葉を代表するビート・ジェネレーションが生まれ展開した街。その聖地とも言えるシティライツ書店のすぐ近くに、「ケルアック通り」がありました。

201202kerouac2.jpg
 ケルアック通り(短い通りで、反対側はシティライツ書店の店頭につながります)にもプレート。
201202sfkerouacp.jpg

 サンフランシスコではいつにも増して上下左右きょろきょろしながら歩いていたように思います。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/646-ba9c53f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード