10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

* thread: 国内ホテル情報  * genre: 旅行

* category: 旅行

内装は好きさセントレジス大阪 

2012.08.31
Fri
23:10

 7月の大阪行きではちょっと贅沢してみようと思い、約二年前にできたシェラトンブランドの上級ホテル・セントレジス大阪に泊まってみました。

 ざくっと評価してしまうと
・ごはんはふつう
・掃除、相当アマイ(これはいかん)
・アメニティはけっこういい
・スタッフはフレンドリーで感じはいいけど能力に差があるかも
・アンケートへの対応など最悪(返事の中で名前をまるっと間違えてたなど)
で、次はあれだわリッツに戻るわ(二回しか泊まったことがないのに言う台詞ではないですが)という結論なのですが、箱はよかったので惜しいと思い、かわいいところを紹介しておくことにします。

〔フロント階〕他にバー、レストラン、庭園があります。
 外資系はジャポネスクというかアジアンテイストを表に出すがあまり、わたしなんかにはちょっと微妙に思えるところが多いのですが、セントレジスはニュートラルな感じでよかった。

・ロビーの応接セット上部にあった絵。
201207sr16.jpg

・下の階に続く階段吹き抜けに設置されている灯。繊細。照明を落とした状態で見ると、ちょっと宇宙船みたいでした。
201207sr13.jpg

・下の階に続く階段そばに置かれていた椅子。ネイティブアメリカンテイストか?
201207sr2.jpg

・レセプションを抜け、バーへ。右手にまわると客室階へのエレベータ。
201207sr12.jpg

・すぐ上の写真にもちょっと写ってます。バーカウンターに座って、バックバーを撮りました。左下にグリコ、その右のほうに通天閣など。「洛中洛外図」(というと本来は京都ですが)みたいだよね。かなり高さのある壁画でした。バーテンダーさん曰く、かなり実際の地理に忠実だとか。
201207sr11.jpg

・イタリアンレストラン店内
 こちらがメインダイニング。ビュッフェスタイルと和定食からチョイスできる朝食はこちらで。三日目のお昼をいただいた席からのパノラマはこんな感じ。
201207sr1.jpg

・イタリアンレストラン店内続き。
 二日目の朝食は上の配置からさらに進み、右折して、食事スペースの最後ちょっと手前の席に案内されました。
201207sr10.jpg
 かなり大きな壁画で、テーブルの端に立っても全部おさまらず(35mmの単焦点レンズで、ズームはできないタイプ)。これはいわゆる大阪の「名所・名物」をモチーフにしているそうです。
201207sr17.jpg
 手前にたこ焼き・かに道楽・グリコなど。ビリケンさんの手前の丸いのは京セラドーム、横にはUSJで後ろに太陽の塔。ビリケンさんの向かって右にある(そして切れている)のは通天閣や大坂城です。
 立て長写真のほうでビリケンさんの後ろに写ってるストレートな感じのビルは何? と思って聞いたら、セントレジスの入っているビルだそうです。大阪名所の仲間入りを目指す心意気、ということで。

・イタリアンレストランのお飾り的照明
201207sr7.jpg
 支えているワイヤーが見えるかと思います。これ、巨大です。
 愛・地球博のスペイン館で、マリスカルがデザインした巨大赤エビが天井に張りついていたのを思い出した。

〔一階のビストロ〕
 二日目の夜はこちらでいただきました。
201207sr6.jpg
 これまた巨大なランプ。背後にいるキッチンスタッフと比べてみてください。

 大阪モチーフの壁画とか、こういうサイズ感のミスマッチ遊びとか気に入りました。
 せめて清掃スタッフ一新してフロントなんかも再教育してくれれば…(いや、それが一番難しいのは承知していますが)。

201207sr5.jpg
 フレンチビストロの内装。壁面。天井が高いのはよい。

〔客室階〕
201207sr4.jpg
 廊下はちょっとびっくりするぐらい暗い。すれ違う人の顔も、ふつうにしていたらわからないんじゃないか? という位。プライバシーに配慮?

201207sr3.jpg
 エレベータホールの灯(と思います)。

201207sr14.jpg
 客室内で便利だったのは窓際のこのコーナー。一日目の夕食はルームサービスにしてしまったのでありがたく利用しました。
 客室そのものはふつう、かな? 掃除が甘い(再度言う)のと、そなえつけのdvdプレーヤーが一日目のみならず二日目も接触不良だった以外は居住性もまずまずでした。

・・・・・
 記事を書くためにいろいろ見返してみたら、なんだか「もっとがんばれー」というような愛着めいたものがわいてきました。大きな欠陥は直す可能性がある所なんだから、改善を期待します。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/666-842cf62b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード