10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

* thread: 旅の思い出  * genre: 旅行

* category: マンホールなど

吉里吉里&釜石のマンホール 

2012.08.24
Fri
19:05

 夜行バスを含めた二泊三日で岩手に行ってきました。
 
 201208kirikiriest.jpg

 吉里吉里、というとすぐに井上ひさしの『吉里吉里人』が思い浮かびます。かつて朝日新聞で連載されていて途中まではなんとか読んでたんだけど…という記憶でしたが、今回調べてみたらどうもなにかの思い込みらしい。ついでに、「吉里吉里は『吉里吉里人』の舞台」とも勝手に思っていたけれど、所在地は近郷だけど別の場所と設定されていることもわかりました(まあ、内容から言ってそれがあたりまえか)。

 201208kirikiricosta.jpg
 津波で破壊された防波堤。
 幸い残った砂浜を整備してまた海水浴を、という希望をうかがいました。

201208kirikirimh.jpg
 めでたい意匠のマンホール。
 奥に描かれた島が、ひょっこりひょうたん島のモデルとされる蓬莱島です。津波の被害がおよばなかった上部で撮りました。

201208ootsuchi.jpg
 津波に襲われたあとのまま、に見える大槌の一場面です。町や集落の個性も押し流されて、昨年歩いた気仙沼の海岸沿いとすごく似ていると思いました。今回はスタディツアー的に、ボランティアをしている人について一日まわったのですが、数カ月ぶりに来たという案内役の学生さんは草の成長の速さに驚いていました。
 現地の方にお話を聞くと、がれきは集めて山のように置いてあるだけ。そのがれきから草が生え、遠目には山が新しく隆起したように映るところもあるとのことです。わたしも見ましたが驚くほどに緑が鮮やかでした。

201208otchi2.jpg
 大槌の湧き水。

 帰りは新幹線に乗ることにして、吉里吉里→釜石(路線バス)→新花巻(電車)で移動しました。
 釜石で二時間ほど時間を取り、タクシーですこし町をまわってもらってから昼食に。
201208kamaishigas.jpg
 釜石駅前にあったちょっと古風な? ガス設備。

201208kamaishimh.jpg
 これも駅前にありました。
 釜石と言ったら新日鉄釜石(現在の釜石シーウェイブス)じゃん! 父がラグビー好きで、松尾が明治にいた頃に試合に連れて行ってくれたらしいです。

 今回の旅は短かったけれど、吉里吉里・大槌・釜石で震災時の話をうかがう機会もありました。
 年に一回くらい行けたらいいなと思っています。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/667-e90c2e5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード