06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

* category: 展覧会

『竹内栖鳳-京都画壇の画家たち』展 ブロガー内覧会(2) 

2012.10.23
Tue
11:14

 内覧会記事の続きです。
 今回は17時15分~19時30分と時間もたっぷりありました。館長のギャラリートーク後の自由鑑賞時間が1時間半くらいあったかな。18時30分からは一階カフェまわりで和菓子とお茶の提供やツイッターおよびFBへのリアルタイム投稿があったのでそちらに人が集まり、結果として独り占めに近い状態で見てまわることもできました。
20121020y30.jpg

 さて、栖鳳は生前「東の大観 西の栖鳳」と並び称されるほどの名声を得ていたのに現在の知名度は大観とはだいぶ開いています。これには、栖鳳が亡くなった昭和17年当時、没時にきちんとした評価や紹介が行われなかったことが影響しているとの見方があります。

 この展覧会はそうした栖鳳の画業に光を当てるとともに、タイトルにもわかるように「京都画壇の画家たち」の紹介でもありました。
館長コメントより)栖鳳だけでなく京都画壇の、関東であまり知られていない人々を紹介している。画壇の流れを見てほしい。

第一章 先人たちに学ぶ
 カタログより
「竹内栖鳳が最初に絵を学んだのは円山四条派の画家でした」「円山派は写生を重んじ平明で写実的な画風、四条派は写意(精神性)を重視する詩情に富んだ画風」「ここでは、栖鳳のルーツとなった円山四条派の展開をご覧いただきます」(p.25) 

・「虎図」円山応挙(東京国立博物館蔵)
 応挙の虎。いつ見てもかわいい。
20121020y3.jpg
 18世紀には本物の虎を見ることはできませんでしたから想像をふくらませて描いたわけで、ざっぱーに「ネコ科」なユーモアがあります。
20121020y18.jpg
 目がくりっとしているのと、あとまさに猫背な感じがこの印象の源かな?

 ギャラリートークで配布された資料には、展示後期に出てくる栖鳳作の虎とライオンの絵も。虎の毛皮はみたことがあるでしょうが、生きている姿は想像するしかなかったはずの応挙と違い、20世紀に活躍した栖鳳は日本内外の動物園で実物の動く姿を見ることもできました。くまーの絵の隣に部分的に写っていた金屏風の象など、皺の質感まで伝わるリアルさ。

 第一章では他に蕪村、呉春、芦雪なども。またケース展示では栖鳳が雪舟を模写した作なども展示されており、栖鳳が熱心に先人に学んでいたことがうかがえます。

 第二章 竹内栖鳳の画業-については、前記事でご紹介したので省略。

・第三章 栖鳳をとりまく人々
 カタログより
「栖鳳は優れた画家であると同時に優秀な教育者でもあり、資質を活かした指導により多くの後進を育て、京都画壇の新たな発展に寄与しました」
 門下生に上村松園、西村五雲など。美術学校でも教鞭をとり、この時の教え子の中に村上華岳など。
「ここでは、栖鳳とともに教鞭をとった同時代の京都画壇の画家たちと、栖鳳の薫陶を受けた次世代の画家たちの作品をご紹介し、四条円山派のDNAが栖鳳の世代から弟子たちへと受け継がれていった過程をご覧いただきます」(p.999

 菊地芳文の「花鳥十二カ月」よかったなあ。でもケース入りで角度がついてて、うまく撮れませんでした。
  
・西山翠峰「狗子」
20121020y17.jpg
館長トークより)人気作。しみが出ていたので最近修復した。
 展示と保存と修復のサイクルを考えていくのは大切。

・橋本関雪「霜の朝」
20121020y16.jpg

・西村五雲「白熊」
 西村は栖鳳の弟子。この絵は京都の動物園で白熊を見て描いた。
20121020y6.jpg

 今までご紹介してきた絵からもわかるように、
1)わたしは動物が好きである。
2)今回の展示、動物を描いた絵がいろいろとよかった&点数も多かった。
ので非常に偏ってしまいましたが、最後は
・村上華岳「裸婦図」 
20121020y21.jpg

20121020y22.jpg
 肌が燐光を放っているようでうまくキャッチできないかなと思って撮った一枚。どうかな。

 しめくくりは、カフェ椿で提供された展覧会ゆかりの上生菓子五種類(こちら)から、「白うさぎ」です。

20121020y23.jpg

20121020y24.jpg
 横から見るとこんな感じ。
 「ニッキ味の桂皮末をアクセントにした小豆あんでこしあんを包んだ、ちょっと意外なおいしさ」だそうです。
 ちょこんと乗ったうさぎを食べるのにすこしばかり躊躇。

「竹内栖鳳-京都画壇の画家たち」展は11月25日まで。
 ギャラリートークやカタログで興味を引かれた「雄風」「絵になる最初」などは後期登板ということで、もう一度行けたら嬉しいなと思っています。


スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/676-d664ec01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード