09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: バーめぐり

野毛 In the Stillでオリジナルカクテル 

2013.03.12
Tue
09:20

 思えば遠くへ来たもんだ。
 桜木町での打ち合わせ後、帰宅(&岩合さんの世界猫歩き・キューバ編を見る)前に野毛で一杯とは。

 今回入ってみたのは、まわりとは一線を画す端正な佇まいのバー、In the Stillです。折しもお店に至る路上に面した駐車場あたりは前後をパトカーで仕切られ、警官がたくさん出ていました。徒歩の人は止められはしていませんでしたが…なにかあったかな?

 端正な佇まい、と書きましたが、外から様子はうかがえないしメニューなども出ていないのでなかなか一見さんにはつらいところ。でも入ってみることができたのは、今までもお世話になってきた「夜横濱」(リンクをごらんください)のおすすめがあったからです。

 ちょっとどきどきしながらドアを開き店内へ。入って右側がバックバーになっている、カウンターのみのお店です。BGMハはやはりジャズ。また、そのときかかっていたわけじゃないけど、リッキー・リー・ジョーンズのアルバム(紙ジャケ)がたてかけてあって目を引きました。

 ちょうどお客様が途切れたところだったのかお客はわたしひとりです。こういうときどこに座ったらいいかな? ドア際の端、それとも奥? と一瞬考えましたが、バーテンダーさんが真ん中を勧めてくださったのでそこに座ることにしました。カウンターがすこしだけ削ってあり、ああここでお酒を作るんだなと推測される場所のほど近くです。

 さて、なんにしよう。
 ごはんはまだ(帰宅は10時になるし、家で軽くと思っていました)だからあんまり強くないほうがいいな。
 ちょっと前に友人に
「ウィスキーベースのカクテルはあんまり好みじゃないみたい」と言ったら
「カクテルなんかじゃなくてちゃんとしたウィスキーをオンザロックで飲んでみたら」
と言われたのですが、やっぱり今回は手が出ませんでした。

 で、結局
・カクテルがいい(技法は指定せず)
・マティーニでも飲めるけど今日はそこまで強くないほうがいい
・甘いのはあまり好きではない
などと話し、
〔柑橘系は?〕と聞かれて好きですと答えました。

 そこで作っていただいたのがこの一杯。
20130309.jpg
 技法はビルド。計量カップの類は使わず、直接材料をグラスに入れていきます。

・コアントロー
・ビーフイーター(ドライジン)
・レモンを絞り果汁を注ぎ、残りを彩りとしてイン
・ライムを絞り果汁を注ぎ、残りを彩りとしてイン
・サトウキビのシロップ Carib Canadou
・シュエップス(トニックウォーター)
・TANSAN(と上部に書かれたボトルから)

順番はちょっと怪しいのですが(コアントロー⇒ビーフイーターは確実)、このあたりで少しだけ手の甲に取って味を見、わずかにシロップを追加。

 氷やミントの葉を加えてステア。
 仕上げはゆずの皮を切って数ダッシュ。

 うん。さわやか。おいしいです。じつはけっこうアルコール度数はあるね。

「野毛でよく飲まれるんですか?」という質問からちょっとお話しました。
 そして判明したのが、このバーテンダーさん(マスターかな?)が同じ町内出身ということ! 小学校の後輩だったよ。現在も実家は同じところにあり、年に一回程度帰るそうです。うちのすぐ近くではないですが友人宅の近くで、超ローカルトークもしてしまいました。小学校・中学校(わたしは別の方に行ってしまったのですが)のお友達がけっこうお店をやっているそうで、そういうつながりもわかると楽しいとのこと。

 さて、金久保さんで何か果物買って帰ってちょうど10時くらいかな。と思い、御勘定をお願いしました。
 ついでにさっきから気になっていたボトルについて。カウンターにニッカの「宮城」ウィスキーボトル一本だけがなんだか特別な佇まいでした。←うろ覚えですが、調べてみたところ〔シングルモルト 宮城峡〕でした。

 宮城に蒸留所があるからささやかな被災地支援としてピックアップしている、とのお返事でした。
 昨日は東日本大震災から2年。まだ行方が知れず、家族や大切なひとのもとに帰れていない方も多いとのこと。式典や『家族に乾杯』(昨年わたしも行った大槌町)を見て、いろいろと思い出したり考えたりしました。

 
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/701-8d1f434c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード