04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

* category: 展覧会

一角獣と貴婦人とリズム 

2013.06.22
Sat
08:21

 今にも雨が降りそうな天気のなか、新国立美術館で開催中の『貴婦人と一角獣』展に行ってきました。

dameetu.jpg
 パリにあるクリュニー中世美術館所蔵のタピスリ連作です。「奇跡の来日」と銘打ってあるように、まさか日本には来るとは思っていませんでした。クリュニーには2011年1月に行き、作品を守るためにうすぐらい展示室にかけられたこの連作を見てきました。その後-2012年-に修復作業が行われたとのこと。

 一角獣、というとやっぱりモーさまこと萩尾望都作品。
 その名も「ユニコーンの夢」。そして一角獣種という人類(外見的には、頭部の中央が盛り上がっていてたてがみのような色違いの毛房がある)をモチーフにした連作「A-A'」、「4/4カトルカース」「X+Y」。今回調べてみたら、この全部が小学館文庫『A-A'』に収録されているとのこと。

 それから、ひとに馴れないまぼろしの獣、ただしおとめにだけは心を許して〔囚われる〕という言い伝えを中心に据えた佐藤史生「一角獣の森で」ももちろん思い出します。

 チラシを見てもわかりますが、貴婦人とユニコーンがいる「森」を彩る動植物も見どころのひとつです。動物の種類ごと、植物の種類ごとにまとめたパネル展示などもあります。なかでも兎はいろいろな角度から描かれていてとてもかわいい。まあ、多産と情欲のシンボルなわけですが。ちなみに「ネコ科」はいますが、猫は登場しません。これもヨーロッパ中世だから仕方ないことではありますね。 

 さて、展示室内はもちろん撮影禁止ですが、新しい相棒はもちろん連れていってちょこちょこ写真を撮ってきました。
 展示から出てすぐのところにあるヴォーグカフェ(とばっかり思ってたら、「サロン・ド・テ・ロンド」)にふらっと入ってみたので、出たあとでカフェを撮る。
20130619u4.jpg

20130619u2.jpg
 早めのお昼に、と思っていたのですが、食事はバゲットサンドぐらいだったのでいいことにして、展覧会コラボメニューにしてみました。
 サイト(こちらです)から説明を引用します。

≪貴婦人と一角獣≫タペストリーへのオマージュ
チョコレートのジェノワーズ ココナッツのソルべ ブラッドオレンジソースと共に
コーヒーまたは紅茶付き
1,350円
Chocolate genoise and coconut sherbet with blood orange sauce
Served with coffee or tea

千花模様(ミルフルール)の鮮やかな朱色は、チョコレートとの相性の良いブラッドオレンジソースで。ピスタチオやナッツを敷いて草地に見立てたケーキの上に、貴婦人や動植物のモチーフを散りばめ、タピスリーを再現しました。

 
 ジェノワーズは視覚触覚味覚嗅覚楽しめてよかったです。紅茶はもうちょい。

 ここからは新カメラとの遊び。

20130619u1.jpg
 けっこう、このボケ感は好きだな。

 この美術館の共用スペース、好きです。かなり天井の高い吹き抜けになっていること。カーブを描くファサードにあわせて配置された椅子が美しいこと。
20130619u3.jpg
 リズム感、をうまくとらえられてるといいのですが。

20130619u5.jpg


スポンサーサイト
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント

すてきですねぇ!
新国立美術館、何度かお連れ下さってありがとうございます。
今度は正規開館時に行ってみよう と思いながらなかなか…(笑)。

今偶然暇つぶしに村上春樹著『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』をちょいちょい読んでいまして、これも一角獣がモチーフとして登場します。純粋に人間の想像の産物なのかなー。西洋・東洋での一角獣の形やその意味が全然違うのがなかなか面白い動物ですよね。

【2013/06/23 13:48】URL | シュール・リー #oyD4ODho *編集*

りーさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。
7月にまた開会式&内覧があるのですがお仕事上難しいかな…。
国立新美術館に限らず、ぜひまたご一緒しましょう。

東洋の一角獣というと麒麟ですかね?
『(略)ハードボイルド・ワンダーランド』は読んだときにはとても好きだったのですが
さっぱり忘れています。今度お会いしたら一角獣登場シーンについてなど
ぜひ教えてください。
【2013/06/23 14:23】URL | かんべえ #SqoPBuKQ *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/716-cfbf8c2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード