10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: フランス料理

リパイユで斎藤シェフフェアを 

2013.07.12
Fri
21:02

 住吉町(馬車道近く)にあるリパイユにはじめて行ったのは2005年くらいかな? このブログの最初期に一度ご紹介した記事を発掘してきたのですが、その時点で「この2年ぐらいで」みたいに書いてありました。その後も貸し切りで送別会をしたり、家族の誕生日を祝ったり、もちろん友人たちと行ったりで、おそらく年に3回ペースでおいしいごはんをいただいています。というわけで、久しぶりに改めてご紹介します。

 リパイユ Ripailleはフランス語で「ご馳走」という意味だそうです。美食の都として有名なフランス第二の都市・リヨン(横浜市と姉妹都市)の郷土料理も味わえるお店です。

 数年前からリパイユの厨房をあずかることになった斎藤シェフのフェアが今年もあると友人(グルメ師匠)からお誘いいただき、行ってきました。

・フォワグラのフランとプラムのムース
201307r1.jpg
 夏に負けない、濃厚なアミューズ。

・アナゴと野菜のテリーヌ
201307r2.jpg
 アナゴ、うなぎ、鱧など大好きです。これも夏を感じるメニューですね。
 甘いトマト・「アイコ」で作ったソースでいただきます。リパイユで知った品種です。

・カダイフでくるんだエスカルゴのフリット パセリとにんにくのバターとともに
201307r3.jpg
 カダイフの食感が好きです。カダイフ使ったうまいもんなら三つくらいすぐ思い出せる…。
 まんなかはセロリのソース。まずは緑や鮮やかな紫など、目で楽しんでからいただきましょう。

・オマール海老のビスク リ・ド・ヴォと帆立のポワレを浮かべて
201307r4.jpg
 みんなおいしかったのですが、一皿選べと言われたらこれだ。
 ソースはパンでぬぐって完食。
 はっ、いま気づきましたが、わたしは相当フレンチが好きなのかも…特に今回は好きな食材揃いでした。まず。

・グァバのグラニテ
201307r5.jpg
 お肉の前に口をさっぱりと冷し、洗います。

・筑波山もち豚のロースト 丸麦のリゾット トリュフクリームソース
201307r6.jpg
 丸麦ってなんだかかわいいよね…このでっかい感じもいいよね。歯ごたえもいいよね。
 三枚撮ったんだけど丸麦がいちばんまるんと見える写真を選びました。
 もち豚は脂身もさっぱりしていて嬉しい。

・桃のコンポートとフロマージュ・ブラン
201307r7.jpg
 コンポートと、受け止めるゼリーと、そのまた下に敷かれたフロマージュ・ブランの味を食感の違いを楽しみます。

・抹茶のマカロンとごまのアイスクリーム
201307r8.jpg

・コーヒーまたは紅茶
 プティフールも一緒にいただけるのですが、パンおかわりも含めてたらふくいただいたためもう無理。で、お土産にしていただきました。

 この記事を書くためにリパイユのサイト(こちらです)を眺めていたら、斎藤シェフはバスク料理の修行もなさったと。フランスバスクとは思いますが、そのうち特集ないかな? それとも仲間を集めて相談したらコース組んでいただけるかな?

 斎藤シェフのフェアはこの三連休までです。空席の有無は電話、またはOpen Tableでご確認ください。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/730-8772bf7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード