04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

* thread: 旅の思い出  * genre: 旅行

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

パークハイアットでアフタヌーンティーと一杯と朝食 

2013.09.20
Fri
18:13

 久しぶりにパークハイアットに泊まりました。今回のお目当て(というか口実?)は、9月恒例の猫森集会。友人はなんと5泊6日で4回参戦ですが、わたしは大槻ケンヂ君! がゲストの回に行くことにしました。

 今回はその1)として飲食関係をまとめます。
 調べたけどこのブログにはパークハイアットの記事ないですね。宿泊はともかく(たぶん今回で4回目くらい)、飲食もそれだけ久しぶりだったということで。

・待ち合わせはピークラウンジ。昼食を兼ねてのんびりアフタヌーンティー。

 2階の車寄せで下り、スタッフに大きめの荷物をあずけてエレベータに。
 201309ph1.jpg
 ゴルゴンを見て石化? と思わせる装飾。このエレベータの上方には頭部をかたどったものがセットされています。別のには動物の顔を面にしたもの? 異世界へようこそ、の趣です。

 下から直通のエレベータは41階止まり。下りると解放感のあるピークラウンジに着きます。
 201309ph3.jpg
 快晴。
 都庁や西新宿方向に面した座席に案内されました。それにしてもモード学園の建物はどこに行っても目立つな。

 ピークラウンジのメニューブック。
201309ph2.jpg
 アフタヌーンティーの他に、甘いものばかりのスイートハイティーの設定もあります。

 まずは三段。
201309ph5.jpg
 ・ショルダーハムと根セロリのマリネ、トマト
 ・ボイルドシュリンプとアボカド エッグサラダ
 ・スイートコーンのマリネとリコッタチーズ
 昼御飯を兼ねてるので、やっぱフォカッチャとか好きだなあ。
 
 二段目はうまく録れませんでした。スコーン。レーズンとプレーンで、レーズンは最初からトレイで提供されますが、プレーンはあとで温かいものを持ってきてくれます。ジャムとクロテッドクリームもたっぷり添えてあります。

 三段目が甘いもの。
201309ph4.jpg
 ・栗とカシスショコラのムース
 ・オレンジのタルト
 ・アップルシナモンのパウンドケーキ

 おもしろいな、と思ったのが、この他に自由に取れるちいさな皿が提供されること。
 201309ph6.jpg
 一巡目はキッシュ、かぼちゃのムース、マスカルポーネとトマトのピンチョ、フレンチトースト。

201309ph7.jpg
 二巡目ではギモーヴとパイナップルの組み合わせが好きだったな。食感といい。

 飲み物は各種お代わり自由です(ここからここまで、というのはあったけど)。
 最初はGivingというブレンドで、ハイビスカス・ローズヒップ・ステビア。赤い。ほんのり甘くておいしい。
 それから月ヶ瀬ファーストフラッシュという日本製の紅茶。
 さらにアッサム、〆は緑茶をベースにしオレンジピールとレモンが刻んであるものを。

 いやいや、お代わりも随時いただきつつたっぷりいただきました。満足。

 夕食もどきはライブのあとでうどんをさっといただき、のんびり歩いてホテルに帰ってきました。

 やっぱりホテルのバー行きたいよね。
 ニューヨークグリルには開業当初二回ばかり行って(一回はこの友人とも一緒)
〔やっぱさ…にしかいがんりょーりとかいうのはちょっと、まあいっか〕
という気持ちになったのでとても久しぶり。

 夜はバーになるようです。

・ニューヨークバーにてDark & Stormy

 41階の奥に進み、こういう不思議なカーペットが前面に敷かれたエレベータに乗ってトップへ。←まったくいい加減な感想ですが、コプト美術? とか思っちゃっただ。
201309ph8.jpg

 下りて右に曲がるとレセプションで、宿泊客かを聞かれました(おそらく宿泊客はチャージがないんだと思う。翌日の請求を見るに)。フロアからは生演奏のジャズが聞こえてきます。それと、かなりのざわめき。
「カウンターしか空いてないのですが」
と言われて、望むところだとお返事したのですが(バーテンダーの所作を見るのが好き)、ちょっとイメージと違っていました。

 頼んだのは、〔クラシックカクテル〕のトップに置かれていたDark & Stormy。寡聞にして知らずでした。飲みかけですみません。レシピを検索するとダークラム主体のようですが、メニューにはダークだけでなくホワイトラムも使うと書いてありました。友人はカイピリーニャ。 
201309ph9.jpg
 カウンターと言ってもじつは細長いテーブルで、これにとりつくようにして高めの椅子に座るというもので。お向かいさんもいたこと、かなり照明が暗かったことで、写真はやめておこうと思ったのです。でも一度正面が空席になって(この時はまだ飲み物が来てなかった)次に座ったカップルの女性がスマホで撮っていたので、お互いさまということでいいかな、と。

 そうですね、「おいしいお酒をゆったりと」という目的だったらここはぜんぜんお勧めできない。
 まあ、人気のスポットだから完全にわたしたちの読み違いだったというのが正解かな。
 なにしろ箱が大きくてかつ満席だったからかなり待たされたし、そしてぎゅぎゅっと狭い空間で4人ほどのスタッフが飲み物を作って送り出すのが運良く、というか今回は運悪くよく見える席だったのでこれも〔間違えた〕感をかきたてました。

 外国人率が高かったのと窓際なら夜景が綺麗なので、〔別世界〕感を味わうならいいよ!
『ロスト・イン・トランスレーション』をごらんの方ならとっくにご存じだったでしょうが。

・朝食はジランドールで
 ルームサービスでもOKですが、ジランドールも久しぶりだったからこちらに。

201309ph12.jpg
 写真は夜、ライブに行く時に前を通った際のもの。
 壁面上方にカフェに集う人々のモノクロ写真が並んでいるの、やっぱり好きです。
 こちらは宿泊時以外にも何度か来たことがあります。

 コース的にサーヴィスされる朝食、あるいはバッフェ(こういう発音だった)で。平日だからか? 和定食はなし、とのことでした。

 バッフェにしました。
 スクランブルエッグはフロアに置いてあるけど、別に頼むこともできます。大阪に続いてポーチドエッグにしてみました。卵は一個か二個かでチョイスできると嬉しいよね。いろいろちょこちょこ試したいので。
201309ph13.jpg

 景色のいい窓際席はふつうのテーブルですが、こういうちょっと隠れ家っぽい席があるのがいい。
201309ph14.jpg
 今回、わたしたちも運良くこのタイプに座れました。居心地いいよね。出入りは面倒くさいからバッフェ向きじゃないかもしれないけど。

 写真は撮りませんでしたが、気づいたこと。
・シリアルの類がたくさん。ナッツもいろいろ。
・和、っぽいものはおかゆだけ置かれてた。
・チーズが四種類。山羊かな? の強いタイプもあるのはよい。
・カットフルーツの種類が多いのはいいね。イチゴがあるのは珍しいと思う。
・ミルク的なものもさまざま。豆乳はもちろん、低脂肪とかあったんでしょうね。

 ごちそうさまでした。

 またもやたらふく食べたので食後は一時間ほど部屋でうだうだとdvdなど見、昼前に出て新国立美術館へ。
 アメリカンポップアートを見、遅いお昼を軽く取って解散しました。
 友人はそして二日連続で猫森集会、大槻ケンヂ君ゲストに! どうだったかな。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/745-c80638a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード