FC2ブログ
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

* category: 展覧会

2014年の美術展など(メモ) 

2014.01.27
Mon
09:32

・ボストン美術館 ミレー展― 傑作の数々と画家の真実@ 三菱一号館美術館(1205かな)

・チューリヒ美術館展@新国立美術館(1031)
・リー・ミンウェイとその関係展@森美術館(1031)
・ホドラー展@西洋美術館(1022)
・ウフィツィ美術館展@東京都美術館(1022)
・ヨコハマトリエンナーレ2014、新港ピア。協力プログラムのBankArt、創造センター(1017)

・オルセー美術館展 印象派の誕生-描くことの自由-@国立新美術館(0815)
・水の音-広重から千住博まで-@山種美術館(0812)
・ヨコハマトリエンナーレ2014夜間特別鑑賞会@横浜美術館(0808)

・バルテュス最後の写真-密室の対話@三菱一号館美術館
・ヴァロットン展-冷たい炎の画家-@三菱一号館美術館
・描かれたチャイナドレス(ブロガーナイト)@ブリヂストン美術館(0612)

・燕子花図と藤花図 光琳、応挙 美を競う@根津美術館(0511)
・ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション@Bunkamura ザ・ミュージアム(0510)

・バルテュス展(バルテュスナイト)@東京都美術館(0428)

・日本美術院再興100年 特別展「世紀の日本画」@東京都美術館(0301)
・生誕110年 黒田辰秋の世界~目利きと匠の邂逅~@そごう美術館(0301)

・Kawaii日本美術(第二期)-若冲・栖鳳・松園から熊谷守一まで-@山種美術館(0219)
・理想郷 松岡コレクション(第二期)および常設@松岡美術館(0219)
・プライベート・ユートピア ここだけの場所 ブリティッシュ・カウンシル・コレクションにみる英国美術の現在@東京ステーションギャラリー(0215) 
・ザ・ビューティフル 英国の唯美主義 1860-1900@三菱一号館美術館(0215)
・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ展@Bunkamuraザ・ミュージアム(0215)
・ラファエル前派展@森アーツセンター(0214)

・クリーブランド美術館展 名画でたどる日本の美、および日本伝統工芸展60回記念 人間国宝展—生み出された美、伝えゆくわざ—@東京国立博物館(0124)
・国立西洋美術館×ポーラ美術館 モネ、風景をみる眼—19世紀フランス風景画の革新(西美の常設でおなじみの作品が、別の配置、別のコンテクストで見るとまた違う輝きを帯びる)、常設展示、版画の特集展示はムンク『アルファとオメガ』(おっそろしいけど面白かった)@国立西洋美術館(0124)
・下村観山展および常設@横浜美術館(0118)
スポンサーサイト



Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/761-eb040768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード