10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

* category:

夏、海、…山? まんがの会8月 

2014.08.26
Tue
18:43

 ちーさんのよんふくCafeで2~3カ月に一回開催される「まんがの会」。8月24日に第9回でした。
 今回のお題は「夏」「海」(で、たしか話の流れで「山」も許容範囲にしよう?ってなったと思う)。 
 しかし残念なことに当日急用ができて参加できませなんだ。ラインナップをメモして送ってくださったkさんに了解を得て、自分のも追加して載せます。
 いやー、それにしてもバラエティに富んでるな。わたしは少女マンガと、メジャー系一般(青年)マンガの一部ぐらいしかカバーしていないので、とても勉強になります。毎回新たな出会いがあるの。

 今回は伏せ字ですがメンバーごとにしてみます。
〔Aさん〕
・仲宗根みいこ『ホテルハイビスカス』
・小玉ユキ『光の海』
・麻生みこと『海月と私』
・安堂維子里『水の箱庭』
・上村五十鈴『星の案内人』

〔Bさん〕
・紡木たく『ホットロード』
・吉田まゆみ『真夏物語』
・桜沢エリカ『プール』

〔Cさん〕
・鶴田謙二『冒険エレキテ島』(Dさんも持参)
・河合克敏『とめはねっ!』

〔Dさん〕
・村上もとか『NAGISA』
・村上もとか『水に犬』
・うめ『南国トムソーヤ』
・ヨシノサツキ『ばらかもん』
・ひらのあゆ『島の人』

〔Eさん〕
・アタモト『南古島学園』
・町田洋『夜とコンクリート』
・よしながふみ『きのう何食べた?』

〔Fさん〕
・くらもちふさこ『海の天辺』

〔Gさん〕
・吉野朔実『少年は荒野をめざす』
・鳩山郁子『月にひらく襟』
・篠原勝之『糸姫』

・・・・・・
 さて、わたしの場合。
 今回は苦戦でした。いつも最後に次のテーマを決めるんですが、ふつうはそれですぐ思い当たるのが何作かあります。でも今回は「んー」って感じでした。 
 すぐ浮かんだのは吉田秋生『ラヴァーズ・キス』。サーフィン出てきたり、たしか登場人物のひとりが海に入って入水自殺を試みたと思う。『海街Diary』も、背景にはいつも海があるよね。ただこれはちーさんのとこに置いてある本で、いわば[共通認識]あるんじゃないかと外しました。

 夏というと、すぐ思い出すのは「夏色のナンシー」なんだけどこれは歌(松本伊代←ご指摘いただきました。早見優。なんで間違えた私)。だめじゃん。
 まずタイトルで脳内検索したけど、夏は思い当たらなかった。 
 海は手塚治虫『海のトリトン』がひらめいたけどマンガは持ってなかった(アニメは好きで、イメージアルバムも買いました)。
 海→海賊で『ONE PIECE』もありのはずだけどこれ持ってないし、山本鈴美香『七つの黄金郷』いいと思ったけどもうだしちゃったし・・・そういえばキャプテン・ハーロックとかもありましたね(これもマンガは持ってない)。
 あんまり困ったので、「やっぱり自分がアウトドアじゃないから読むものにも影響してるんだ」とか思ったりしました。
 
 というわけで、選んだもの。いつものように〔まず少女マンガ、女性向けマンガ〕〔それであんまり数が揃えられなかったら青年ものとかにも広げる〕としました。

・高田祐子『トテモ美シイ夏』
 本棚(のまわり)で見たときに、「これよこれこれ!」ってひらめきました。
 ズバリ夏。なのもいいし、高田さんを持っていけるのもナイスじゃございませんか。
→表題作は96年に『コーラス』で発表。両親の不和に耐えかねて早く家を出た兄のもとに、幼い妹も逃げていく。兄は高卒で働いてつましい生活をしていたけれど、深く愛し合う恋人もいて幸せだった。ふたりと過ごす夏のきらめき。でも兄はたった18で事故死し、それから10年、妹は兄とそっくりな男と出会う。そして、兄の恋人だったスミカさんとも再会する。
 わー、こう書くとなんかろまんちくね! でもそれだけじゃないんだよ。

 高田さんは、調べてみたらフレンド系でデビュー。わたしはたぶん『コーラス』に載った作品で出会って、それから気になる作家さんになってコミックスを買ってます。最近ではハーレクイン系のマンガ化が多いようですが、オリジナルでは『ドリームジャンボウェディング』というのが今年出てます(もちろん買った)。
 うーん、なんと言ったらいいんでしょう、「とにかく読んでみて」がいいかな。次の回になんか持っていきます。

・市川ジュン『忘れた海』

・河原和音『青空エール』
 主人公は吹奏楽部、彼は野球部でそれぞれ「夏」を追いかけてる。今月出たコミックスでは野球部が北海道大会で決勝進出するとこまで、つまり甲子園まであと一歩! だもん、夏じゃないですか。

・文月今日子『地中海のルカ』

・大島弓子『海にいるのは』
 わたしは決して大島さんのよき読み手ではないし、角川で発表した諸作品は遅れて読んでるぐらいですが(『グーグー』をのぞく)、とくにサンコミックスで出ていた『ミモザ館でつかまえて』、『F式蘭丸』(フロイト式)『野イバラ荘園』などはすごく好きです。
 このチョイスは完全にタイトルから。もちろん中原中也からですよね。

・市川春子『25時のバカンス』 
 これも、なんだか〔了解事項〕の気がする。
 しかし『宝石の国』はちょっとキャラの区別がつかなかったりして、短編また描いてほしいなあと思っております。

・あと一冊あるんですけど、つぎの「それぞれの秋」に応用できるからそっちに。

*考えたけどやめた:主に重さの問題です。1)村上もとか『岳人(クライマー)列伝』 2)幸村誠『ヴィンランド・サガ』 3)星野之宣『ブルーシティー』(海底都市はみんなの街だ~♪ とか口ずさんで、「空中都市」の間違いだったと気づく)

*あと、せっかくだから少女マンガだけでも体系的に読んでみようとか振り返ってみようとたまに思ってて、そんななかから竹宮さんなにか紹介したいなと思ってます。これもどっちかというとサンコミックスがすぐ浮かんでくる。やはり三つ子の魂百まで。

 さて、寡聞にして知らず、だった作品調べたり読んだりしてみよう!
スポンサーサイト
Comment(3) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/08/27 07:53】 | # *編集*
欠席残念でした。
こんにちは、ご紹介にあずかりましたDさんです。
カンベエさんが何を持参されるのか楽しみでしたが残念。

選考に苦しんでいるという中間情報で、王道の少女マンガ以外の少年青年マンガでかぶっちゃうかなと思いつつ選んでみました。
実際に市川春子、星野之宣は被りそうで断念、村上もとかは2冊持っていけばどちらか大丈夫だろうという判断でした。
岳人列伝はやはり、少数民族の少女とシェルパの少年の話しでしょうか?

PS。夏色のナンシーは早見優だったような?
【2014/08/28 14:08】URL | Dさんです #- *編集*

>鍵コメのお方
コメント&ご指摘ありがとうございます。
文月さん名作たくさんありますよね!
そして、ちゃんと歌声とかまで脳内再生されてるのにどうして伊代ちゃんと書いてしまったのか…。

>Dさん
コメントありがとうございます。
わたしも「やっぱり書名だけじゃなくてコメントも聞けるし、なんたって実物を読めるんだからまんがの会、いいよね!」と、欠席を非常に悔やんでおります。
岳人列伝は選書のごく最初のほうで
「山だからいいよね!」と苦し紛れに選びました。
それにしてもこの会での村上さん登場率高いですね。
【2014/09/01 07:51】URL | かんべえ #SqoPBuKQ *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/805-cabb7a2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード