04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

* category: スペイン料理

伊勢佐木町のバスク料理、Bihotzaビオッツァでたらふく  

2015.05.02
Sat
10:19

 ちょっと前からバスク料理を出すレストランが増えてきたなと思っておりました。軸足はフランスバスクだったり、スペインバスクだったり。
 昨年ダイエット中でも友人たちとの会食の機会はときどきあって、そういうときはお昼になるべくしてもらってたんだけど、渋谷近くのアバスクAbasqueやサンジャン・ピエドポーSaint-Jean-Pied-de-Portはフランスバスク、麻布十番のスリオラZurriolaはスペインバスクでした。それぞれいいお店だったな。やっぱりわたしは心情的にスペインびいきなので、一度、ディナーでスリオラに行ってみたい。

 さて、昨年末のことらしいですが、伊勢佐木町にスペインバスクで修行した方のお店ができました! その名もビオッツァ。サンジャンやスリオラは地名からですが、こちらの「ビオッツァ」というのはバスク語で「心」という意味なんだって。お店のウェブサイトに載っていました。
 さんぱちさんに誘ってもらってねこてんさんと3人で夕食に行ってきました。
DSC_0733.jpg
 場所は鎌倉街道沿い、ラジオ日本の一階。ここ、前はコーヒーだったような…と検索してみたら、
・コーヒー専門店スズシン 2012年いっぱいで閉店
・イタリアンのFratello
そして今のビオッツァ…えっ、伊勢佐木町からリセンヌに移転してきたフラテッロってここだったのか。狭い、世間は狭い。

 土曜日の6時に予約。入店時はわたしたちを含め二テーブルがふさがってた状態ですが、時間が進むとカウンターも含めてほぼ満員、常連さんもいるみたいで活気のある店内でした。

DSC_0735.jpg
 このカトラリー置きいいよ。真ん中に切れ込みが入っててナイフがすうっと立つの。

 さて、なにか飲もう。
 ワイン類もスペインのが揃ってますが、やっぱり別の地方のが多いよね(カタルーニャのとか、リオハのが多かったっけ?)。サングリアもいいかもだけど…
 というわけでシードルです。
DSC_0748.jpg
 これ、スリオラでも飲んだやつ。謎の? ローマ字入りエチケット。アスティアサラン。シードルというと甘いイメージかもですが、これはちょっと癖のある「酒」。ごはんにはすごくいい。薄いグラス(コップ型)に、1~2㎝ぐらいずつ注いで飲みます。

 突き出しとしてピンチョス盛り合わせ。
 トップにオリーブがささっているのは「ヒルダ」。調べてみたら(出典こちら)、「アンチョビの塩漬け・オリーブ・ギンディージャ(ししとう)の酢漬けを楊枝にさしただけのとってもシンプルなピンチョ」で、バスクのバルには必ずと言っていいほど置いてあるとのこと。全部一緒に食べてください、という注意がありました。時計回りに次(つまり奥)は豚足ととんたんのゼリー寄せが乗ったもの、そしてホウボウのパテ。
DSC_0737.jpg
 ゼリー寄せがとくにいいと思ったよ。

 今日のおすすめを中心に、アラカルトでお願いしていきます。メニューには「コース」表記はないけど、予約でパーティメニューも選べるようです。
・シコイワシのマリネ
DSC_0738.jpg
 
・タラのアホアリエロ
DSC_0742.jpg
「アホ」ajoはニンニク。アリエロってなんだろ? と検索。arriero ソース部分の材料はすべて一緒にマッシュして作るんだって。一番よく合わせるのが、今回のようにタラbacalao。なんでarriero「運び屋」っていうのかと思ったら、そんなふうにして夏の日用に工夫し道中の食事にしたからとのこと。それが徐々に旅籠などの料理として取り入れられていったという説明を読みました。
 このルックス、いかにもスペインの冬もの料理っぽい。バスクに限らず、内陸のカスティーリャなんかでも食べるとありました。
 ソースおいしい。タラもほろりとほぐれるね。ごはんも頼んだからパンは自制してたんだけど、やっぱり…と追加注文しました。

・エスカリバーダ
DSC_0745 (1)
 焼き茄子なんかを使ったサラダの一種なんだけど、こちらのはおしゃれに盛りつけてありますな。

・小羊肉のチリンドロンソース
DSC_0746.jpg
 海のものもおいしいけど、やっぱり肉も食べたい。羊にする? 
 チリンドロンってよく食べるけど、今回調べてみたらアラゴン地方(北東部。中心都市はサラゴサなど。まあ、バスクにもすぐ)の郷土料理だそうです。羊もこのソースだと食べやすい。パン半分とっといてソースぬぐいましたよ。

・鶏ごはん
DSC_0751.jpg
 これはいわゆるバスク料理ではないんですが、お店でプリンに使う卵をとってもしょうご農園の鶏肉がごく限られた機会に入ってくる期間限定の…というので惹かれました。雌鳥のほうが評判いいけど引っ張りだこでこちらは雄鳥の肉を使ってる、だっけな。

 おいしかったです。ごちそうさま!
 スペインや関連料理が近くにできて、しかもおいしくて嬉しい。今回ご一緒できなかったマダムもSさんも、今度機会を見つけて行きましょう。
  
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/839-f7f88e10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード