04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

* category: 旅行

オークラ東京本館での22時間・オークラメモリアルステイプラン(5) 

2015.08.12
Wed
00:26

 さて、他の記事に入れそびれた写真もあるので、この二日のタイムラインをご紹介いたします。

・一日目
 暑い! 五時になっても暑い! それに一眼レフを含むちょっとでっかい荷物だからね、と、新橋からタクシーで乗りつける。お友達とランチ後、すこし早めに到着してらしたマダムとロビーで待ち合わせ。⇒チェックイン
 ドアマン、最初に荷物を受け取ってくれたベルスタッフ、部屋まで案内してくれたベルスタッフはかなり若いひとたち。笑顔だしうるさくない親切さが嬉しい。フロントのレセプショニストはてきぱきしてたけど、ちょっと急ぎ足…だったかな? 

 部屋に案内され、ひとしきり撮影など。窓の外のプール風景を眺めたり。
 予約不可ということですこしでもすいてる時間にと、5時半にオーキッドバーに(記事あります)。
 お部屋に帰ってきてまったりテレビを一時間ほど見て、すこし雑談して、持ってきた映画を見ることに。あっ、『家族の肖像』(ヴィスコンティ)も持ってきたつもりが、買ったけど積ん読じゃなくて…積ん見? の『ピアニスト』(ハネケ)と『ブエノスアイレス恋愛事情』の二枚だった。あと、マダムがお風呂に入ってるときにでも見ようと思っていたライブDVDね。

『ピアニスト』はいい映画だけどたぶん明るくはない(ハネケが演出した『コジ・ファン・トゥッテ』@マドリッドの王立歌劇場もちょっと狂気の沙汰だった)という予兆、というかぼんやりとした知識があり、まずはのんびりしてるはずの『ブエノスアイレス恋愛事情』(2011年、アルゼンチン・スペイン・ドイツ合作、グスタボ・タレット監督)を見てみました。
 なんかね、小ネタ楽しかったけど(ちょこちょこ日本ものが出てきたりも)肝心のふたりの出会いが…えっ? どうやって? ここだけ偶然すぎない? っていう点が気になり、ちょっと謎な映画に…。いろいろツッコミ入れながらも真面目に見てたと思うのですが、わたしたちの注意力が足りなかったのでしょうか。それはともかく、一度ウォーリー探してみてもいいな。

 それからマダムが「いいですよ」と言ってくださったので、ホテルのおっきいテレビでわたしのお気に入りのライブDVDから見せ場をピックアップしてふたりで見たり。一応日付が変わるころにはベッドに入ったのですがその前後もいろいろおしゃべりして。一日目はこうして更けていきました。

・二日目
 めざましは6時半にしておきました。身支度して(わたしは朝、髪を洗う派なのでちょっと時間が必要)8時にオーキッドルームに。
 チェックアウトは12時なので、朝食後もしばらくベッドでごろごろ、結局『ピアニスト』じゃなくてライブDVDをほぼ通して見てしまいました…すまんマダム、というより、けっこう楽しんでくださったとのことでなによりでござったよ! 『ピアニスト』はステッパーのお供になるかはわかりませんがうちで見ます。あっ、ネタバレ見たらちょっと…勝手に『ダメージ』の男女逆転チックなのかと思ってた、ミステリで言うところの「イヤミス」みたいなのか。とにかく「楽しく過ごそう」には合ってないことは確かでございました。

 チェックアウト後、本館一階平安の間で展覧会「美の宴」(第21回 秘蔵の名品 アートコレクション展)に。8月20日まで開催です。企業メセナの一種で、1994年から開催しているとか。
 今回の副題は「~琳派から栖鳳、大観、松園まで」。江戸から近代までの絵画が中心の展示でした。
 展示スペースに入るまえにメセナについての説明、大倉喜八郎・喜七郎親子の紹介と写真を見ました。

 展覧会の主題は〔宴〕。「奏でる」、「舞い踊る」、「集う」の三章に分けての展示です。
 チラシ・パンフレットにも使われ、展覧会のキービジュアルになっていたのは栖鳳の〔アレ夕立に〕。IMG_7648.jpg
 雅な日本画が多く、点数としては松園が集まっていたかな。「奏でる」「舞い踊る」にまたがる形での展示として絵・彫像・楽器があったのが〔蘭陵王〕。わたしが気に入ったのは村上華岳<少婦舞踊図>、宗達派<扇面流図>(屏風絵)、作家自体はじめてな気がした広島晃甫<玉乗り>(アンケートにあげる一点はこちらにしました)、ぐいぐいくる片岡珠子<宮廷の舞>、画面構成に圧倒された石崎光瑶<藤花孔雀之図>など。抱一さんの屏風絵も楽しみました。しかし突然<ジャズ>(マティス)が何枚かあったのには驚いた。

 主催者ごあいさつにも、展示場となった平安の間も楽しんでとありましたが、もちろん写真は禁止です。
 というわけで、展示スペースを出てきたところの絨毯。
IMG_7644.jpg

 お向かいの部屋の扉も、ふすまみたいな質感におもしろい手がついてます。
IMG_7643.jpg

 一階にはショッピングアーケードがあり、さよならバーゲンでかなり賑わっていました。引き続き営業するお店あり、これで閉めるお店あり。さっきの絨毯と色違いの足元にご注目。
IMG_7646.jpg

 この字体も歴史を感じさせるよね。
IMG_7645.jpg

 その後は展覧会とセットで予約してあった特別メニューをいただきにスターライトへ(記事書きます)。
 昼食後、荷物を受け取り、
IMG_7666.jpg
新橋経由で横浜そごうに向かい、岩合さんの世界ネコ歩き展を見、夕方解散しました。
 楽しかった! 本館が生まれ変わったらまた泊まりに行きましょう。もちろんその前にもいろいろ遊ぼうね。

 

 
 
   
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/852-4a7bcbc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード