06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

* category: 展覧会

奥村土牛を見に、ぜひ山種美術館へ(ブロガーナイトに参加しました) 

2016.03.31
Thu
04:07

 古今東西の美術への深い愛に溢れるブログ「弐代目 青い日記帳」(リンクはこちら)のtakさんが山種美術館(こちらです)と組んで企画してくださったブロガー内覧会(もう八回目だそうな!)に参加してきました。

 今回は、
『奥村土牛-画業ひとすじ100年のあゆみ-』展。途中一部展示品を入れ換え、5月22日まで開催中です。

IMG_8868.jpg

 *このブログ記事に掲載した写真は、展覧会紹介記事に掲載するため特別の許可を得て撮影したものです。

 上掲の美術館サイトに掲載されている本展の〔みどころ〕をご紹介します。

1. 日本屈指の土牛コレクションから名品を厳選し、一挙公開!
当館は、土牛による戦後の院展出品作のほとんどを所蔵。質・量ともに最高峰の土牛コレクションです。さらに他館所蔵の名品とあわせ、《醍醐》《鳴門》など粒揃いの作品を展示。土牛の初期から晩年の代表作ばかりを一堂にご覧いただける山種美術館ならではの特別な機会です。
2. 16年ぶりに公開の秘蔵作品や院展デビュー作など、初期の貴重な作品をご紹介!
本展では、16年ぶりの公開となる秘蔵の名品《麻布南部坂》(個人蔵)や、院展初入選作である《胡瓜畑》(東京国立近代美術館、3/19 – 4/17展示)など、土牛芸術の源泉をたどる上で重要な初期の作品にご注目!


 じつは年度末でもあるし、ブログの記事におこすのってけっこう時間かかる…ツイートでもOKなら気が楽だな…と思って、今回はツイッターでエントリーしたのですけれど、とにかく素晴らしくもうびっくりだったので、自分のために簡単にでいいからまとめておこうと思うにいたりました。

 奥村土牛といえば、山種美術館を代表する一枚でもある(と思って見てきた)<<醍醐>>。前回の『ゆかいな若冲・めでたい大観 -HAPPYな日本美術』では、かわいらしい動物の色紙が印象に残りました。あとこのブログで検索かけてみたら、『世紀の日本画』の記事で、今回も「好き!」と思った作品についてコメントしてました。
 つまり、その程度のうっすーい知識だったということです。
 
 第一展示室でわたしたちを迎えてくれるのは、もちろん<<醍醐>>です。
IMG_8870.jpg
・奥村土牛<<醍醐>> 1972年 山種美術館蔵

IMG_8872.jpg
・奥村土牛<<醍醐>>(部分) 1972年 山種美術館蔵

IMG_8886.jpg
・奥村土牛<<醍醐>>(部分) 1972年 山種美術館蔵

 今回も、
 ・館長によるギャラリートーク
 ・takさんトーク
 ・展覧会に合わせた上生菓子をひとつ
 ・写真撮影OK(一部をのぞく)、展覧会の紹介を目的とした記事内ならばウェブでのアップOK。
という贅沢なゆうべ。とりわけ、ギャラリートークでの構図や技法についての紹介をとても興味深くうかがいました。








 
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/873-2579e3f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード