09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: 旅行

熊本に行ってきました(1) 空港-阿蘇あたり-黒川温泉 

2016.04.03
Sun
15:57

 3月31日~4月2日、母およびそのひとまわり下の叔母と三人で熊本に行ってきました。
 四国または九州(ただし福岡と長崎は複数回行ったことがあるのでのぞく)で行きたいとこは? と、叔母のリクエストを聞いたところ、「黒川温泉に行ってみたい」とのことだったのでまず一泊。それから、「朝食だけプランありの温泉宿」(と、だいたいの価格、そして黒川温泉&空港からの距離)でひっかかってきた山鹿温泉に一泊しました。一日目はあいにくの天気でしたが、天気は尻上がり。熊本城などでは満開の桜も楽しめました! というわけで備忘録的にメモ。

3月31日
 JALの早朝便で熊本へ。
IMG_8916.jpg
 熊本空港は、〔阿蘇くまもと空港〕という愛称もあるそうです。というわけで空港一階到着ロビーにある陶板レリーフ〔雲上の岳神〕をぱちり。ものすごーく大まかな旅程&希望を伝えて案内所でいろいろ教えてもらい、レンタカーで出発したのが9時半ぐらいだったかな? 桜もだいぶ花開いていましたが、なにしろ菜の花の鮮やかな黄色がすてき。雨に向う曇天だからなおさら。

・アスペクタの桜まつり…?
 JAL機内で見れた観光案内で見つけたイベント。3月26日~4月10日だからまさに開催中だね! と行ってみたのですが、うーん…? 平日午前中だとちょっと、よくわかんなかった。山あいだと開花も遅くなるしね。
 どこかなーとか言いながらどんどん丘を登っていくと、ホテルグリーンピア南阿蘇があったのでちょっと停めて一休み。といってもコーヒーショップは営業時間外だったので、売店できんつばとかデコポン買ってもぞもぞいただく程度です。
Ce4Du2JUEAA9jZA.jpg
 えっ、これなに? 初めて見た。で買ってみたのが、このはげしいピンクの「ニッキ水」。実物はせいぜい15センチサイズかな。口がちいさいのもあり、なんとも名状しがたい味でもあり、ふたくちほど飲んであとはバッグにしまってしまいました。最終的には水で割り、母がすこしだけ飲みました。すまん。

・白川水源
 観光案内で勧めてもらった場所。
IMG_8950.jpg
 ここで降り始め、まだ勢いがそれほどでもないうちに水源&神社に参拝し、近くのカフェで一服。

・高森田楽の里
 白川の近くですと、高森あたりでは田楽をよく食べますね。とのことでおすすめいただき、検索してみてお昼に。
 しまったーさっきケーキ食べたよね。ということで、定食ではなく田楽セットを2人前+だご汁各自+ごはん2人前にしてみました。ごはん写真はまたあとでー。

・阿蘇 古代の郷美術館
IMG_8968.jpg
*この写真は美術館併設のいろり茶屋と、そのうしろの観音像です。
 今回の旅最大の…なんと言ったらいいのかな? 「もったいない」でした。
 まったくノーマークだったのですが、機内で提供されてた熊本情報を見ていたらでてきた美術館。なんかよくわかんないけど(この名称だと古墳関係とか思わない?)このあたりに行くこともそうそうないだろうし寄ってみようと思い、観光案内所で聞いてみたんだけど、係員さんたちもまったくの初耳っぽかったです。
 ウェブで検索しても、観光情報サイトなどの通り一遍な紹介がある程度で、たとえばブログでていねいに紹介している記事はヒットしないし(館内撮影禁止だから仕方ない部分もあるけど)、ツイッターでもまったくヒットしません。
 でもおすすめ! と言い切れないんだけど…でも、名前がもっと展示内容を示すものだったら…観光ルートに入りやすい場所にあったら…そうして、もっとお客さんが来てくれて、展示品の保全や修復にお金がかけられたら…と思うのでした。記事書く!

 けっこう降ってきたので、一日目のお目当てである黒川温泉へ。
 わたしは温泉目当ての旅行とかほぼしたことがないのもあり初耳でしたが、調べてみると近年人気の温泉場なんですね。ガイドブックのタイトルにもなっておった(買ったのはことりっぷの『湯布院・黒川温泉 (そしてフォントサイズ小さめで)阿蘇・高千穂』谷間にあり、そこまで大きいわけじゃないけど、黒川温泉のすべてのお風呂(とくに露天)が自分のお宿の風呂みたいに考えて歩いて湯めぐりを楽しんでほしい、という気持ちが行き届いていました。
 
 宿泊したのは、〔夢竜胆〕という大きな旅館の別館で、〔花泊まり〕というお宿。一泊朝食(のみ)つきプラン検索で出てきた宿でした。雨だったし、温泉中心部からは坂道をちょっと登らなければいけないのですが、居心地はよく、なにより部屋つきのお風呂がよかった!
IMG_9003.jpg
 一泊朝食が基本で朝食はお部屋にて。ミニキッチンがついてる部屋もあります(わたしたちのがそうでした。電子レンジ、電熱コンロ一口、流しなど)。夕食をつける場合は本館まで車で送迎していただくことになるそうです。また、大浴場&露天ももちろん利用でき、こちらも車にて送迎。
 5室だけの小さなお宿で、スタッフさんもわりあいご年配の方が多く、みなさんとても親切で気遣いがあっていいところでした。

 部屋で一休みしてから、散歩&夕飯にしようと思っている、と話すと、スタッフさんが温泉街のコンビニ的存在のお店まで車で送ってくれ、そこから散策を始めました。
IMG_8993.jpg

IMG_8994.jpg

 夕食は、教えてもらった〔味処 なか〕さんで。だご汁と鶏めしのセット、おいしかったけど、たんまり食べ過ぎました。飛行機&車での移動なのに食べてばっかりや。
 帰りは歩いてみたんだけど、もうとっぷり日も暮れてて雨で、あかりはそれほどなくて、けっこうハラハラしました。母がちょっと足が悪いので。すまん母よ。

 本館大浴場は翌朝でもいいよねーと言ってたら、なんとその朝は女湯は湯を落としてお掃除とのこと。
 で、8時ちょい前に送っていただいて行ってきました。スタッフさんから聞いてはいたけど、ほんとに外国の人が多いね。推定韓国のひとたちが10人ぐらいの大グループで入ってました。九州という場所柄、スタッフさんによると、韓国の方はとくにもう〔外国〕の意識なくなんども来たり、とのこと。
 9時にお迎えに来てもらい、宿に帰りました。
 母はいざほんとうに寝る、まではけっこういろいろだったのですが(とくに、入れ歯はどこ? と言い出し、場所を確認すると今度は「心配だからやっぱり入れておく」の繰り返し)、早朝起床出発で昼寝なしだったため疲れたのでしょう、あかりと消すと翌朝までよく寝たようでした。ほっとしたよ。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/874-82d1c786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード