07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

* category: 和食

夏のお江戸を遊びましょう(1) 

2016.07.31
Sun
00:11

 7月29日(木)も会議。こちらは早く終わるのがわかってたので、「江戸東京博物館に行こう」と約束してました。
 わたしはそれまで両国駅からしか行ったことがなかったのですが、仕事先の近くを浅草線が通ってて、「浅草橋駅から歩いていくと風情がある」と案内していただきました。初めて柳橋も渡ったよ。船宿が並んでるんですね。

 今回のお目当ては『大妖怪展-土偶から妖怪ウォッチまで』。夏休みだし、家族連れを含めてけっこう混んでました。
 やっぱり百鬼夜行ものはいまの目で見るとなんかユーモラスですね。とくに若冲の<<付喪神図>>とかね。
 また、予告やウェブサイトでも大きく取り上げられている<<辟邪絵 神虫>>(へきじゃえ しんちゅう)などは、タイトルをちゃんと見たり解説を読まないと単なる怪物たちの生存競争みたいな感じがするけどやっぱり力がある。「古来中国で行われた辟邪、すなわち邪悪な鬼類を辟け除くための図絵の伝統に連なると考えられて、現在は仮に『辟邪絵』と称されている」とのことです(奈良国立博物館の説明)。今回見ることができた<<神虫>>は「瞻部州南方の山のなかにすみてひと/つの神虫ありもろもろの虎鬼を食とす/あしたに三千ゆふべに三百の鬼を/とりてくらふ」という詞書つきのありがたい存在なんですね。
 けっこう作品が多いなと思ったのは六道絵と、お化けではろくろっ首。ひゅーどろどろの幽霊もいましたよ。
 そして最後にはでっかい妖怪ウォッチのキャラたちがどーんと。形が決まるまでのラフなどもいっしょに展示されてて楽しい。

 その後は連れ(職場の先輩)がお気に入りのどぜう屋さんに連れていっていただきました。
DSC.jpg
 両国どぜう 桔梗家 さん。お昼休憩をはさんで4時半からやっているのがありがたい。4時40分ごろ入りましたが、ちゃんと先客もいましたよ。

 おすすめのままにいろいろと食します。
 やっぱりどぜうは丸ごとだな。というわけで丸鍋は二人前。
DSC_3592.jpg


DSC_3594.jpg
 ちゃんと食べるのは初めてかな? ぼんやりと、どぜうはもっと大きいものだと思ってました。どじょうすくいのイメージで…。


DSC_3596.jpg
 どーんと運ばれてきたねぎでどぜうを覆ってぐつぐつ煮ます。

DSC_3598.jpg
 れんげでよそっていただきます。骨があるほうがやっぱりいいね!

DSC_3599.jpg
 土曜丑の日の近いので、うなぎ蒲焼も。

DSC_3602.jpg
 うなぎボーンもからっとしてておいしいよ! ビール好きな人にはたまらないのでは。


DSC_3601.jpg
 これはさらしくじら。クジラ肉って赤いイメージばっかりだったので、こんなふわふわしてるんだ! と今更ながら…。酢味噌でいただきます。

DSC_3604.jpg
 さらに、鯉のあらいまで。

 あとは枝豆をつまみ、お酒を一合飲んで。
 まだ日もあるうちにさっと出て、ほろ酔い気分で帰りました。
 なんと大妖怪展も含めてご馳走になってしまった。冬になったらわたしの持ちでなまず鍋食べに参りましょう。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/881-2cac039c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード