FC2ブログ
10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

ヴェネツィアに行きました(とりあえず記録)・2 

2017.04.15
Sat
18:06

 ヴェネツィアへの旅記録その2(4月8日~12日)です。

・4月8日(土)
 アカデミア美術館の予約は8時15分、つまりオープンとともに入場予定。バスが着くローマ広場とは同じ側だから歩くのがいいだろうなと思いつつ、朝早すぎて、迷ったらひとに道も聞けないだろうし困る……と、結局またヴァポレットに乗りました。
 見た&観光1)アカデミア美術館。常設と”Il paradiso riconquistato. Trame d’oro e colore nella pittura di Michele Giambono”(再征服された楽園。ミケーレ・ジャンボーノの絵画における金と銅の(trameがわからないー。アカデミア美術館の「英語」「スペイン語」サイトは名ばかりでこういう企画展示はイタリア語でした……)。ベッリーニの特集展示も。
 アカデミアに約3時間いたので疲れた&喉乾いたので、まずはちょっと一杯。
 なんとなくサンタ・マリア・ディ・フラーリ教会を目指しながら迷ったり、お菓子食べてみたり、すこしお土産買ったり。
 見た&観光2)サン・ロッコ大信徒会 Scuola Grande di San Roccoノーマークだったけど、フラーリ教会のすぐ隣で、ティントレットがたくさんあったので入ってみました。
 見た&観光3)サンタ・マリア・ディ・フラーリ教会 Basilica di Santa Maria Gloriosa dei Frari 初めてヴェネツィアに来た大学三年生のときに「刻まれた」!と思っていたティツィアーノのマリア被昇天絵と再会。
 見た&観光4)カルミニ大信徒会 Scuola Grande dei Carmini サン・ロッコで割引チケットを売ってて知る。すごい! ティエポロ! ノーマークで一番感動したのがここ。
 見た&観光5)疲れた…とりあえず反対側に渡ろう。と思って大運河方向へ向かったら、図らずも〔行けたらいいな〕と思っていたカ・レッツォーニコ(ヴェネツィア18世紀博物館) (Ca'Rezzonico (Museo del Settecento Veneziano))につきあたった! 鑑賞前に運河沿いのカフェで一服。そしてここでもティエポロのおもしろい作品を見ました。
 見た&観光6)予約しておいたバーカロ(酒場)ツアーに参加。6時開始で、3軒のバーカロを巡りそれぞれ一杯&チケッティ(つまみ)ひとつをいただく。楽しかったです!
 解散は8時半。リアルト橋すぐだったので、「人の流れもあるだろうからローマ広場まで歩こう。ヴァポレット混んでるだろうし」と思ったのですが、結局また迷い、最終的に同じとこに戻ってきました……諦めてヴァポレット→バスでホテルに帰りました。
 前の日もかなり歩いたので疲れが蓄積してました。こんなときにお風呂にゆっくりつかれたらいいよねえ……。

・4月9日(日)
 最初の用事は11時~のウォーキングツアー。今度こそまあまあ真面目に地図を見ながら集合場所を目指すことに。

IMG_0383.jpg
*大運河にかかる橋は四つ。ローマ広場すぐのこの橋が最新で、サンティアゴ・カラトラヴァ設計。

 見た&観光1)ゲットー。2016年に500周年を迎えた、世界で最初に「ゲットー」という名称を使ったユダヤ人隔離地域とのこと。→日本語での紹介ページ。シナゴーグにも入りたかったけど時間が早かったかな。
 友人に頼まれたエプロン(その場で刺繍を入れてくれる)を買いました。
 集合時間には早いなあとふらふらしていたら、運河に面した小さな広場で棕櫚の日曜日の祭礼が始まり、しばらく立ち止まって見る。

IMG_6445.jpg
*しばらく話した信徒の方たち。快くポーズしてくれました。棕櫚の葉が大きくて隠れちゃった方も。

 見た&観光2)ウォーキングツアー。英語。1グループ30人程度でのミステリーツアーで、なんとその前に行ってきたのにすごく近いカンナレージョ地区を歩きました。途中、ジェズイーティ教会(イエズス会の教会Chiesa di Santa Maria Assunta detta I Gesuiti)に希望者は自己負担で入場可能(1ユーロ)。
 見た&観光3)翌日は閉館の美術館にも行きたいので、あらかじめガイドさんに断って、ちょっとおつまみ休憩に入ったところで離脱。→カ・ドーロ(フランケッティ美術館Galleria Georgio Franchetti alla Ca'D'oro )常設およびSERENISSIME TRAME – TAPPETI DALLA COLLEZIONE ZALESKI E DIPINTI DEL RINASCIMENTO ルネサンス絵画におけるタペストリー展
 ゴンドラにほんとにちょこっと乗れればいいから! って場合にも使える、大運河の「渡し」トラゲット(2ユーロ)で対岸に。

IMG_0277.jpg
*ゴンドラに乗って見た大運河。

 見た&観光4)カ・ペーザロCa' Pesaroで常設およびWilliam Merritt Chase: a Painter between New York and Venice *鑑賞前にカフェで一服。
 今度こそローマ広場まで歩き、途中で一服のあと、バスに乗ってホテルに帰りました。

・4月10日(月)
 島巡りしたいなーと思ってたんだけど、結局ムラーノ島だけで。一生分ぐらいベネチアングラスを見ました。

IMG_0428.jpg
*外海に出るとがらりと波の強さが違う。

 途中でランチ。そしてまた買い物。
 島の教会もひとつだけ見ました。
 おみやげもだいたい買えたんだけど、弟からのミッションだけはどうしてもうまくいかず。←薄手の長い黒靴下、という注文だったのですがこれが売ってないの。困ったと連絡したら「おしゃれな黒ベルト」という注文に。
 また、フラーリ教会(フランシスコ会)と並び立っていたジョヴァンニ&パオロ教会Chiesa dei Santi Giovanni e Paolo(ドミニコ会)は見ておきたいと思ったので、本島に戻ってまた歩き始めました。
 見た&観光2)(1はムラーノ島)サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会Chiesa dei Santi Giovanni e Paolo
 最後にサンマルコ広場に面しているコレール美術館行こうかなと思ってゆるゆる歩き、迷い、そのうち弟のお土産とか、友人へのチョコとか、自分の毛糸とかの店に入り、時間がなくなるし疲れる。 
 前々日のバーカロツアーでお薦めされた店で軽く食べてからホテルに。
 ホテルのまわりをちょっと歩き、近くのバールで水のペットボトルを買って部屋に。簡単に荷造りして寝ました。

・4月11日(火)
 ゆっくり起き、朝食とシャワー、そして最後の荷造りを済ませてチェックアウト。
 前日オンラインチェックインを済ませておいたのであんまり急ぐことなかったのですが、空港で遊んでればいいや……と、飛行機の出発二時間半に欠けるぐらい前にマルコ・ポーロ国際空港へ。タクシーを呼んでもらいました。約20分、37.20ユーロ。

 ここでちょっと「しまったー」だったのが、アエロフロート占有のカウンターがないことでした。手続きしようにも離陸二時間前にならないとカウンターがわからないの。同じスカイチームのエールフランスに誘導をしていたスタッフに聞いてみたのですが、「とにかく待て」とのこと。結局離陸二時間前になってやっとカウンターが示され、「オンラインチェックイン済、印刷まだ」という列に並びました。セキュリティチェックをして中に入ったときにはもうボーディングタイムまで40分ぐらいで、ちょっとあせりました。
 チョコ好きの友人にタブレット、義妹に干したトウガラシを買い、念のためにお菓子とパイナップルのカット、水を買い、出国手続き。
 二度目のモスクワ・シェレメーチエヴォ国際空港、今度はまあまあ余裕を持って歩けました。やっぱり掲示板にわたしの乗る便は表示されなかったけど。調べてもらったら予定通り、ターミナルをまたがって一番奥に当たるところでした。
 ロシアのチョコもいいかなと友人に追加で購入。プーチンの絵がついたお皿とかも売ってて、買わなくてもいいとは思うけどぱちり……は、しませんでした。
 セルフサービスのヨーグルトアイスを買って(ルーヴルまたはカードでしか払えないのでいくらで請求が来るかがみもの)食べながら搭乗を待ちました。すぐ横がずいぶん長いこと空いてたから期待してたんだけど、結局けっこうでっかい兄ちゃんが来たなー。

・4月12日(水)
 成田には予定時刻ちょい前に到着。ルーターを返却、スーツケースを送ってすぐにリムジンバスに乗りました。帰りの空港もバスもすごく空いてた。
 母はヘルパーさんやデイサービス、弟たちのおかげでふつうに過ごせてたようです。猫たちも元気です。
 今度はどこに行こうかな?
 
  
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/918-e73910f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。