05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

ヴェネツィアで食べました・1 

2017.04.16
Sun
20:15

 4月6日(木)~12日(水)、5泊7日でヴェネツィアに行ってきました。あちらには大学生のとき・10年位前に次いで三度目。一人旅で、お目当てはペギー・グッゲンハイムコレクション再訪など美術館・建物巡りでした。なのでどうしてもごはん関係はおろそかになるんだけど、おかげで記事にはしやすい……かな?

 ごはんを選ぶうえで大いに参考になったし、ヴェネツィアのガイドブックとしても楽しかったのが地球の歩き方のGEM STONEシリーズの一冊、
 篠利幸『ヴェネツィア カフェ&バーカロでめぐる、14の迷宮路地散歩 増補改訂版』でした。手に入れたのは2015年6月づけの改訂第2版第2刷、 内容は2013年5月づけで見直されています。

・4月7日(木) 

1)ホテルで朝ごはん(毎日同じ感じなので、今回のみ紹介)
  IMG_0204.jpg
 家族経営っぽい小さなホテルで、朝ごはんのサービスのみあります。専用の「朝食colazioneルーム」があり、7時15分~9時30分だったかな?
 チーズとハム、全粒粉と白の食パン、ヨーグルト、シリアル三種、ジャムやバター、そしてリンゴが盛られた皿が置かれ、自分でサーブするシステム。飲み物はオレンジジュースとミルクがありました(三日目かな? 水のペットボトルもあった)。
IMG_0220.jpg
 チーズはこういう6Pチーズもありました。ちょっと萌えキャラ?

 そして「おお」と思ったのは、上記にくわえて必ずケーキが五~六種あったこと。
IMG_0218.jpg
 一日目はこんな感じ。パウンドケーキがさらに追加される日がありました。

 コーヒーまたは紅茶はホテルのスタッフが聞いていれてくれます。旦那さん(推定)と奥さん(推定)のいれてくれる量がぜんぜん違ったのはおもしろかった。

2)ドージェ宮のカフェで〔ヴェネツィアの典型的お菓子〕(がいいと言って出してもらったビスケット"Tris di biscotti" 2.90ユーロ )とカフェラッテ(4.40ユーロ)
IMG_5635.jpg
 カウンターで注文しテイクアウトするもよし、テーブルについて注文するもよし(値段は違うはず)。わたしはシークレットツアー前で時間的制約があったので、「テーブルに座るね」と明言してカウンターで支払い・受け取りました。

3)ペギー・グッゲンハイム・コレクションでまずは休憩
 シークレットツアー→迷いながら歩いて、美術館に到着したのは2時すぎ。おなかが空いたのでとにかくカフェに。晴天だったのでテラス席にしました。美術館ウェブサイトの記述によると、ヴェネツィアの老舗レストランAi Gondolieriが運営しているとのこと。ちゃんとしたごはんにも惹かれたんだけど、このあと5時からゴンドラツアーがサンマルコ広場すぐ(つまり対岸)であったので軽食にしました。

IMG_5727.jpg
 トマトのブルスケッタ(たしか10ユーロ=1200円弱)
 あったかかったしオリーブが効いててよかったな……!

IMG_0262.jpg
 飲み物はチェドラータcedrataにしました。歩いて暑かったのでなにか冷たいのがいいなと思い、わからないのを聞いてみて注文。返事は「ハーブを使った……」って感じだったかな? 調べてみたら、柑橘系のフルーツ[チェドロ]をちょっと使った清涼飲料水とのこと。好きだったから他のところでも注文してみたけど、ことごとく空振りでした(笑)。

 そういえば季節的な問題もあってか今回ぜんぜん日本人(と確定できるひとたち)と会わなかったのですが、ここのテラスにはマダムっぽい三人組がいらしたわ。

IMG_0265.jpg
 ちょっとおしゃれな請求書入れだったので撮ってみました。イタリアでのチップ事情もよく調べずに来たので、とりあえず14ユーロのところ15ユーロ出してお釣りを置いてきました。

4)御飯はサンドイッチを持ち帰り
 明るいうちに帰りたい(初日だし)、でも夜中にお腹空いたら困るなあ。と、ローマ広場のバールに並んでたサンドイッチからふたつ選びました。
  IMG_5857.jpg
 ちょっと写真が不出来ですまぬ。
 左がバカラ(baccala、干しタラ。ヴェネツィアあたりの典型的なバカラ・マンテカートかな? 戻したタラにオイルを加えながらかきまぜてパテみたいにするとのこと。他でも出てきたので)2ユーロ、右がプロシュート(ハム)とキノコProsciutto e funghi 1.80ユーロ。
 


スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/919-72bc4521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。