FC2ブログ
10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

マドリッドとバルセロナに行ってきました。ざっと旅程のまき・バルセロナ編(3) 

2017.07.12
Wed
00:20

・6月27日(火)
 今日のハイライトは日本から予約しておいたロカ・モーRoca Mooでのランチ。13時30分~なので、その5分位前に待ち合わせることにして、朝は個人行動にしました。友人はサン・ジョセップ市場に行ってお店を見たり、そのうちの一軒で休んでガスパチョ飲んだりしたそうな。

 わたしはカタルーニャ美術館まで歩いてみることにしました。ぐーぐる先生によると徒歩35分ぐらいです。10時開館だから9時半前に出たと思う。

L1040943.jpg
 ミロ広場は工事中。

L1040959.jpg
 カタルーニャ美術館はモンジュイックの丘の上にあります。見上げてショット。
 
L1041092.jpg
 丘を登りきり、美術館を背にして下をみおろして一枚。オープンエアのカフェや、美術館の売店の出店もできてました。

L1040968.jpg
 カタルーニャ美術館は大好きな場所。
 なかでも、カタルーニャのロマネスク教会から壁画などを移築し展示しているコーナーがいい。
"L'Absis de Santa Maria d'Àneu"〔アネウの聖母教会の後陣〕
 11世紀末~12世紀初頭の作品。イザヤがエルサレムの神殿で見たヴィジョンに現れたセラピム(セラフィムとも。熾天使)の姿が見えます。

→イザヤ書6章の冒頭
「1 ウジヤ王の死んだ年、わたしは主が高くあげられたみくらに座し、その衣のすそが神殿に満ちているのを見た。
2 その上にセラピムが立ち、おのおの六つの翼をもっていた。その二つをもって顔をおおい、二つをもって足をおおい、二つをもって飛びかけり、
3 互に呼びかわして言った。「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、万軍の主、その栄光は全地に満つ」。
4 その呼ばわっている者の声によって敷居の基が震い動き、神殿の中に煙が満ちた。
5 その時わたしは言った、「わざわいなるかな、わたしは滅びるばかりだ。わたしは汚れたくちびるの者で、汚れたくちびるの民の中に住む者であるのに、わたしの目が万軍の主なる王を見たのだから」。
6 この時セラピムのひとりが火ばしをもって、祭壇の上から取った燃えている炭を手に携え、わたしのところに飛んできて、
7 わたしの口に触れて言った、「見よ、これがあなたのくちびるに触れたので、あなたの悪は除かれ、あなたの罪はゆるされた」。

L1040969.jpg
 もちろん、本来あった祈りの場から引き剥がされて、信仰とは関係のない場所で「展示」するということの皮肉もありますが……高校生(推定)10名ほどを引き連れて展示室をまわっていた先生が、そのような問いを投げかけていました(写真の人物は無関係です)。
 
 もちろん時代も下り、20世紀初頭までの収蔵品があります。ガウディなどモデルニスモの家具なども見るのは楽しい。

L1040961.jpg
 企画展はふたつ。
 トゥルネ・エスキウス『日常の詩学』展
 Torné Esquiusはバルセロナで1879年に生れ、フランスで1936年に没した画家だそうです。 「誰もいない部屋・場所」が印象的だったけど、色彩はむしろ明るく温かい。それから暖炉の前に黒猫ちゃんがいる絵もあったのでポイントアップでした!
 もうひとつは、やはり19~20世紀をまたいで活躍したアーティスト(彫刻&絵画が主)のイスマエル・スミスIsmael Smith(1886-1972)の『美と怪物たち』La Bellesa i els monstres でした。

 ほんとは今度こそアントニ・タピエス美術館にも行こうと思ってたんだけど、カタルーニャ美術館が豊作すぎて。
 途中からはタクシーを使い、なんとか約束の時間に待ち合わせ場所にいきました。

ロカ・モーでランチ。
カサ・ミラ訪問。
L1041157.jpg
 *展示室にあった模型をモノクロで撮ってみた。

L1041137.jpg
 この屋上を見てみたい! ということでの友人のリクエストでした。

 美しいグラシア通りをちょっと南下し、反対側を見ると、やはりガウディ設定のカサ・バトリョが現れます。やはり人気でけっこう並んでました。
L1041250.jpg
 *奥の骨っぽいのがカサ・バトリョ。
 手前のピンクっぽいのが、同時代のプッチ・イ・カダファルクJosep Puig i Cadafalch が改装したカサ・アマトリェールです。
 こちらもひっそりとガイドツアー実施中! 2015年に改装オープンしたとのこと。翌日行ったので写真載せますね。おすすめです。

 奥にはチョコレートショップがあるのでのぞいてみて、カフェでビタミン系の飲み物を買って一休み。
L1041256.jpg

 夜はグルメで飲み助の友人のリクエストでバル二軒に行きました。楽しかったよ!


  
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/941-d5294de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。