FC2ブログ
10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

アイルランドに行ってきました 一日目その2 

2017.08.06
Sun
14:48

 ダブリン初日は昼過ぎに空港に着。タクシーでホテルに乗りつけ、二時前だったけど部屋に通してもらえたのでちょっとだけ休んでからでかけました。お目当ては国立美術館で、常設展はもちろんですがフェルメール展(パリから巡回)も見たいね! という気持ちでした。

 ダブリン中心地はかなりコンパクトで、東西に流れるリフィー川の北と南にざっくり分けることができます。『ケルズの書』があるトリニティ・カレッジや、セント・パトリック大聖堂、そしてパブで有名なテンプル・バーなどはみんな南側。わたしたちのホテルは北側の、中心地地図の一番北にかろうじてひっかかるぐらいの場所にありましたが、川を渡り上記の名所まで歩いて30分程度だったので、基本は徒歩でまわりました。
L1041989.jpg
 ホテルでもらった地図、中心部(+ホテルあたり)をピックアップ。

L1041968.jpg
 ホテルのロビー。犬や馬の絵がいっぱい。猫はない……たぶん。客室階の廊下にはアイルランド民謡(推定)の楽譜が額装されてかかってました。

L1041964.jpg
 ホテル併設のカフェが角に。そっとですが、ホテルの名前(Castle Hotel)も見えてます。

L1041967.jpg
 ホテルの前にあったごみ箱。ダブリン市の紋章かなあって。←正式なもののまんなかを取ってきてるみたい。

L1041770.jpg
 何度も渡ったリフィー川。いろいろなタイプの橋がかかってますが、このオコンネル橋はクラシックな石造り。よくカモメがとまってました。カモメはホテル周辺にもけっこう来ていて、朝鳴き交わす声で目が覚めたりも。

L1041373.jpg
 美術館を目指す途中で本屋さんに入る。詩のコーナー、児童書のコーナーも充実。わたしはおみやげの絵本(修道士と白猫パンガー・バーンの古詩が題材)と、イェイツのビジュアルブックを買いました。

 美術館には3時半すぎに到着。入場料は無料ですが、特別展だけは15ユーロです。時間ごとの入場者数が限られており、ウェブ前売りもあるのですが、何時に着けるかわからなかったしそれほど混雑してないだろう……と当日入手。最終回である4時45分のにしました(そしたらディスカウントあって10ユーロだったかな?)。

 まず常設展を見てまわります。
IMG_1931.jpg

 こちちの美術館、改装リニューアルオープンしたばかりだとか。居心地いいです。
 アイルランドの美術品はもちろんですが、収蔵品で有名なのはフェルメール「手紙を書く婦人と召使」(これがあるおかげで今回のフェルメール展が実現したのでしょう)と、1990年にダブリンで発見・収蔵されたというカラヴァッジョ〔キリストの捕縛〕(海外での展覧会に貸し出し中)だそうです。ちなみにこの美術館サイトによる〔代表作リスト〕はこちら

IMG_1921.jpg
 ただ、部屋にナンバーなど振ってないし、館内図にもほとんど情報が書いてなくてこれは困った。それもこれも、入り口で展示室図をもらい忘れたわたしたちが悪いのですが……。
 
 上記「代表作」には入ってないけど好きだったもの(で撮影OK&まあまあちゃんと撮れたの)を貼ります。

IMG_1897.jpg
 イーヴィー・ホーン Evie Hone (Dublin 1894-1955) 〔復活〕Resurrection c.1954
 ステンドグラスの小部屋に展示。初めて知った名前なんですが、1999年にテートで開催された展覧会サイトによると「現代アイルランドの宗教画家」で「ステンドグラス・アーティスト」だそうです。他にも「聖クリストファー」などありましたが、線が細く耽美的で、ビアズリーとかまつざきあけみを思い出したよ。

 現代作家のものは撮影禁止が多く、詩人ウィリアム=バトラー・イェイツの弟ジャックの作品やウィリアム=ジョン・リーチ William JOhn Leech, (1881-1961) の作品など好きなのあったのですが(たとえばリーチの「修道院の庭、ブリタニー」、どうぞ外部サイトにて。

 他国の画家による作品もいろいろ展示。撮影OKのものからピックアップしてみました。

IMG_1911.jpg
 マキャベリ Zanobi di Jacopo Machiavelli (Pisa 1418-1479)〔聖人たちに囲まれ、玉座についた聖母と幼子イエス〕


IMG_1912.jpg
 フラ・アンジェリコ Fra Angelico (C.1400-1444)〔火あぶりを生き延びる聖コスマスと聖ダミヌス、そして兄弟たち〕


IMG_1934.jpg
 ゴヤはすばらしい肖像画もありました。でもこのゆらめくタッチも好きなので。
〔眠り〕  

IMG_1919.jpg
 このスルバランも聖人のまなざしや背景のブルーがすばらしくて。
〔アルカラの聖ディエゴ〕(1640年ごろ)

IMG_1936.jpg
 明るい中庭。ガラスのルーフに覆われていたのですが、カモメ(推定)のフンでだいぶ……。

L1041386.jpg
 特集展示はアイルランドの画家Margaret Clarke (マーガレット・クラーク、でいいよね? ) :An Independent Spirit 展を見ました(美術館公式のポスタービジュアルはこちら)。

L1041385.jpg
 そして時間が来たから『フェルメールと風俗画の巨匠たち~インスピレーションと競合~』 に入場しました。
 十点のフェルメール作品が屋台骨になってはいるんだけど、「フェルメールはたしかに巨匠だが、孤立した存在ではなかった」ということで、共通するモチーフ、構図などの同時代の画家たちの作品も並べています。全体像については、このConnect Vermeer というサイトをご参照ください。
 フェルメール、たしかにすごい画家とは思ってたけど、そこまでの関心は正直、そこまでなかったんですが、今回まとめて見たこと、そして同じモチーフや構図を取ってもこんなに違う! というのを目の当たりにしてやっとそのすごさの一端を感じることができました。

 美術館は5時半に閉館です。
 7月末のダブリンはまだまだ明るいんだけど、外に出ると店はかなり閉まっている……。
 7時半まで営業しているというアイルランド物産館的なショップでまず一休み兼早めの夕食にしました。

IMG_1946.jpg
 トレイを持ち、好きなものを注文して出してもらうカフェテリア形式。
 サーモン+サラダ二種(八種類ぐらいから選べたかな)+ワイルドエルダーフラワーウォーターで19ユーロぐらいだったかな? 
 このお店、わたしたちが注文したときにはすでに閉める準備中。レジも片方は閉まってたし、どんどん掃除機かけたり、お皿もさっさと片づけられたり。下のお店が7時半までなんだから、せめて7時まではやってていいと思うよー。

 てれてれ歩いてホテルへ帰り、翌日に備えて早めにベッドに入りました。なんたってホテルから徒歩10分くらいの場所に、6時45分集合だから! 
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/945-bd80dc93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。